日光 東照宮

日光東照宮にて

日光東照宮にて

先日、30数年ぶりに「日光東照宮」へ行ってきました。

 

東武日光駅から徒歩で30分程、国道沿いのゆるい上りの歩道を上がっていくと東照宮に到着です。

 

 

当日は、お日柄も良く、表参道から入口までは観光客であふれています。

 

あくまで東照宮のみを見学する決め打ちだったので、東照宮オンリーのチケットを購入。
チケット売り場のおじいさんが「陽明門は改修工事で見れないのですが・・・」と申し訳なさそうに言ってきました。

 

なぬ!東照宮に来てあの陽明門が見れないんじゃ意味ないヂャン!」と思いましたが、「せっかくここまで来て、んじゃぁ帰らせてもらう!」というのも、もっと意味がない。

 

「だ、大丈夫です!」と笑顔で答えました。

 

 

次の機会に、とは言っても改修工事は6年後に終わるらしいので、それが終わるまで生きている保証はない。

 

 

とりあえず中に入る。

 

東照宮に来るのは小学生の修学旅行以来だ。
当然、小学生だった若き頃のオッサンはここへ来ても何の興味もないし、面白いと思わなかったのだろう。
全く覚えていない。

 

ただ、なんとなく前回来た時よりも狭く感じる。
体だけは大人になったからかな・・・

 

 

有名どころの「三猿」や「眠り猫」は見逃しそうになるくらい目立たない。

 

陽明門は工事の養生がされていたが、「逆さ柱」は見えた。
確かにかなり傷んでいたので、改修致し方なしというところでした。

 

東照宮の一番奥にある「奥宮」まで行き、徳川家康の墓所を眺める。

 

「本当にここに家康が眠っているの?」少し疑問に思う。
ピラミッドみたいに、実はファラオは別の場所に眠っていたりしないのかな?
とミステリーロマンが広がる。

 

この家康の墓所の脇には「叶杉」という願えば叶うと言われる杉がある。
かなり傷んでいるのだが、何となく威厳がある。

 

「せっかくここまで来たんだから・・・」と願い事をする行列ができている。
オッサンもせっかくなので行列に加わる。

 

 

東照宮の至る所に、お守りや御札などを売っている売店がある。

 

奥宮も例外ではなく、しっかり商売していた。
オッサンは奥宮”限定”お守りを購入した。

 

日本人は「限定」という言葉に弱い。

 

「せっかくだから・・・」と「限定」は最強の組み合わせだ。

 

ついでにおみくじも引いた。
近所の神社のおみくじよりも、この奥宮のおみくじは有り難みが違う。

 

”末吉”だった。
オッサンはおみくじを引くとほとんど”末吉か小吉”だ。
東照宮のしかも奥宮まで来ても「末吉」とはね。

 

 

東照宮の中でもっとも重要な社である「本殿」はちょうど日光が当たっていて、輝いていました。
そして偶然にも、ここで結婚式(祝言?)をやっていました。
(結婚式という表現があっているかどうかは分かりませんが)
ものすごい厳かでしたね。
観光客も眺めていました。

 

東照宮で結婚式とは、末永く幸せになることでしょう。

 

最後は薬師堂の「鳴竜」でした。

 

解説してくれる人が、竜の顔の下で拍子木を打つと音が反響しました。
他のところで鳴らしても反響しない。
なるほど不思議なものだ。

 

これで東照宮巡りは終了です。

 

歳をとってからの神社仏閣巡りは、何かと感慨深いものがあります。

 

ひとつ気になったのは、至る所で御札、お守り類の商売です。
アレだけ多いとなんとなく有り難みが薄くなるなぁ〜

 

地獄の沙汰も金次第か・・・
ちょっと意味が違うかな。

スポンサーリンク