タコ釣り デビルエイト デビルエイトクロー 自作 作り方

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

メインのハリパーツの加工編

まずは一番大事で一番悩んだハリのパーツから。
【直径2.0mmのステンレス線を使用】

 

@まずは18cmでカット。9cmとなる真ん中にマーク

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

 

A左右の端はハリになるので削って尖らせます。

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

これはライトカッターという道具だが、通常はご家庭にはないハズだ

 

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

こんな感じに尖ればOK

 

Bバーナーでセンターの部分のみを炙って”焼なまし”を入れます。
これは焼くことによってステンレスを軟化させています。
さすがに2.0mmともなると、手作業で曲げるはメッチャ大変なもんで。

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

バーナーはキャンプ用を使った。ライター程度じゃ火力不足

 

C真ん中できっちり二つ折りにする。

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

なましを入れると結構楽に曲がる

 

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

ピッタリくっつくように曲げる

 

Dここからがハリの曲げ加工になります。
使う治具はコレ。

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

何じゃこりゃ?

 

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

真ん中に穴がふたつ

 

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

曲げ加工したハリが刺さるようになってます

 

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

パイプの直径は25mmと19mmの二種類あります

 

言わずもがな、ハリを曲げるための治具を作りました。

 

この部分はなましを入れないので力づくになります。

 

Eハリを万力にセッティング(25mmのパイプ治具を使用)

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

ハリを垂直にしっかりと固定します

 

Fパイプに沿うように手前に引きながら曲げていきます。

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

写真を撮るために片手だけど作業は両手でやってます

 

Gこんな感じになります。

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

 

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

真横からの図。よくあるタコバリと同じ形

 

G最初に曲げた部分を2cm残して広げてゆきます。

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

曲げ始めは手こずる

 

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

微調整しながら曲げてゆく

 

H完成!

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

微妙な角度とか細かいところは目をつぶる

芯材パーツの加工編

このパーツを芯材として他のパーツが組み込まれてゆきます。
【直径2.0mmのステンレス線を使用】

 

@ハリと同じ2.0mm線を16cmでカット。

 

A片方のみハリになるので尖らせます。
一応、三本バリ仕様で考えているのでこのパーツもハリになります。

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

こんな感じの三本バリです

三本バリでタコを引っ掛ける「ジェットストリームアタック」作戦。

 

頼んだぞ!ガイア、オルテガ、マッシュ!!って程ではないが・・・

 

B今度は19mmのパイプ治具を使って、同じように曲げます。

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

一本のほうが楽ちん

 

C次にラインを結びつけるアイ側の加工です。
ハリとは反対側の先から2cmに焼なましを入れます。

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

タップリと焼いてください

 

D冷めてから2cmに印を付けます。

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

2cmピッタリじゃないと意外にやりづらいカモ

 

E印をした2cmから順番に曲げてゆきますが、ハリの方向と直角になるように曲げてゆきます。

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

曲げ初めの角度に注意

 

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

初めは一気に曲げるよりも段々に曲げる方が簡単

 

Fこんな感じ。

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

できれば先端の隙間は無くすべきだよね

 

G完成!

オモリパーツとなるVアームの加工編

次にオモリが付くパーツ「V型のアーム」の加工です。
【直径1.2mmのステンレス線を使用】

 

@先ずは1.2mm線を22cmでカットします。

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

このパーツが一番ロング

 

A真ん中で二つ折りにします。

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

1.2mmはなましを入れなくても楽に曲がる

 

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

こんな風にピッタリとね!

 

B曲げたところから1.5cmに印を入れます。

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

 

C1.5cmの印からコレくらいに広げます。

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

何度?と聞かれても「コレくらい」としか答えられん

 

D上下方向にも角度を付けます。

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

コレくらいだ!

 

E次にその1.5cmの箇所から3.5cmに印を入れて、もう一段階曲げます。

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

 

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

コレくらいだ!その2

 

何でこの角度なのかはわからじ!
”お手本のデビルエイトがそ〜なってたから”としか言えないです。

 

F完成!

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

置いて3点でキレイに設置できていれば大丈夫です

ワームキーパーの加工編

最後のパーツ「ワームキーパー」部の製作です。
【直径1.2mmのステンレス線を使用】

 

このパーツは長さの微調整が出るかもしれませんが、12cmでカットしておけば足りなくなることはないと思います。

 

@12cmでカットしたら4.5cmに印&ワームを刺しやすいように、先端を軽く尖らせます。

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

 

A印で垂直に曲げます。

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

 

B次に4cmで印

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

 

Dもう一回直角に曲げます。

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

 

E次に8mmに印

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

 

F8mmの印よりも先から曲げ加工をしていきます。

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

ココはフックを引っ掛ける箇所になります

 

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

こんな感じ

長かったら適当にカットしてください。

 

G完成!

デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】

このパーツが一番気楽だわ〜

 

ですが、最初に曲げた4.5cmの部分は、直角のままにしていた方が組み立て時に邪魔になりません。

 

 

 

次の記事>>>「デビルエイトクローの自作【組み立て〜仕上げ編】」へ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク


デビルエイトクロの自作【各部パーツ製作編】関連ページ

デビルエイトクローの自作【キッカケ編】
タコ釣りに絶大な威力のデビルエイトクローですが、高価なためロストが怖くて使えません。 なのでデビルエイトクロー風なルアーをお手軽価格で自作してみました。
デビルエイトクローの自作【材料編】
タコ釣りに絶大な威力のデビルエイトクローですが、高価なためロストが怖くて使えません。 なのでデビルエイトクロー風なルアーをお手軽価格で自作してみました。
デビルエイトクローの自作【組み立て〜仕上げ編】
タコ釣りに絶大な威力のデビルエイトクローですが、高価なためロストが怖くて使えません。 なのでデビルエイトクロー風なルアーをお手軽価格で自作してみました。