タコ釣り タコエギ 天秤 自作 踊る

タコエギ天秤の自作【余談編】

タコエギ天秤自作と言っても、いろいろと事情はあるわけで…

今回はタコエギを引っ掛けるスナップにハワイアンフックと普通のスナップの二種類で製作しました。

 

強度だけで言えば4号のハワイアンフックは37kgの強度を持っていますが、いくらタコ釣りでもそこまでの強度は必要ないとも思います。

 

それよりもタコエギの動きで勘案すると、普通のスナップの方が可動範囲が広く、自然に動くので普通のスナップの方が良いのかなとも思います。

上がハワイアンフック、下が普通のスナップ

 

 

 

2号に納品後、追加発注があった。

 

その時はスイベルとスナップ付きスイベルをもう少し小さくしても問題ないと踏んだらしく、1号から2号にダウンサイジングしたものを持ってきた。

スナップは4号のままだけど、スイベルとスナップ付きスイベルが2号になった。確かに1号は大きかったよ!

 

 

 

本家本元の『踊るタコエギ天秤』はアームが二本用と三本用があります。

 

三本用はセンターアームにブレードやタコベイトを取り付ける仕様になってます。

 

今回制作したタコエギ天秤は二本用ですが、リーダー側のアイにスナップ等を使ってブレードやタコベイトを取り付ければ三本用と同じような仕様になるのではないでしょうか?

こんな感じでどうでしょう?

タコエギ持ってないので百均のイカエギで勘弁してください

 

まぁ、作ろうと思えば三本用もできるけどサ!

 

 

 

実は、このカタチに落ち着くまではいくつかのプロトタイプを作りました。

 

最初はもっと簡単に作れるように、芯材とアーム材を電線を結束する圧着端子スリーブで固定しものを作ったのですが、強度に難ありで失敗。

 

次は今回のステンレス線巻き&ハンダ付け仕様だったのですが、オモリ部の長さをもっと長くしていて、完成品を眺めていたら「これは長すぎだろ!」ということに気がつきました。

オモリ部が長すぎてタコエギが浮きすぎるのでは…

 

という訳で現在のカタチに落ち着いた次第です。

 

とまぁ、ここまでには紆余曲折があったわけでして…

 

でも一番の問題は、そもそもオッサンがタコ釣りをやったこともなく今後もやる予定もないということでして…

 

実釣テストは2号がやってくれるので、実験結果を楽しみに待つとしましょう。

 

ど〜せタコが釣れなくてもオッサンには関係ないし…

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク


タコエギ天秤の自作【余談編】関連ページ

タコエギ天秤の自作【キッカケ編】
何の因果か、タコ釣りに使う「タコエギ天秤」を自作するハメになった。タコエギ天秤った何だ?
タコエギ天秤の自作【材料・工具編】
タコエギ天秤を自作るための材料と製作に必要な工具のご紹介。
タコエギ天秤の自作【製作編】
いよいよタコエギ天秤の製作に入ります。まぁ、そんな手間ではないのですぐ出来ますよ!たぶん…