釣り クーラーボックス 改造 ショルダーベルト

クーラーボックス改造計画【ショルダーベルト編】

ショルダーベルトを作ってみた

クーラーボックスにはショルダーベルトがないとかなり不便です。

 

特に船釣りでは、ロッドやタックル、お昼ごはんなどの荷物があるし、下船時にはクーラーボックスの中は魚で満載されていてかなりの重量になるはずです。(←乗船時の夢のイメージです!)
荷物は多いし、クーラーボックスは重いしなので、クーラーボックスにショルダーベルトは必携なのです。

 

このクーラーボックスにはもともと付属していたはずだけど、中古で買った時にはショルダーベルトは影も形もありませんでした。
中古だからしょうがないか!

 

そもそも現行品ではオプション扱いだからなぁ〜
買うと結構高いんだよなぁ〜

 

 

という訳でショルダーベルトを制作してみました。

 

いつも通り、材料は全て会社にあったものです。

 

こんな時だけは「あぁ〜この会社でよかったなァ」と実感するのでした。

 

 

使う材料はこれ!

 

このベルトは、布生地の四方に縫い付けて補強するためのベルトです。
補強とはいってもかなりの強度を持っているので、ショルダーベルトにピッタリです。

 

プラスチックのパーツ(このパーツは「ストラップアジャスター」といいます)もちょうど良い色と大きさのがありました。

 

 

ちなみに上記のパーツはホームセンターでも売っています。

 

ベルトは「PP平ベルト」という商品で幅によって違いますが値段は150円/mくらい。
プラスチックのパーツは「平ベルト専用金具」でこれも150円くらいだと思います。

 

 

作り方は超簡単!

 

ベルトを切って、セットするだけ!!

 

 

ただ、切っただけだとベルトの先がホゲホゲになりほつれてくるので、焼きを入れてから溶かし固めます。

 

ガスコンロでベルトの先を溶かす。

 

溶けた箇所を指で固める。結構熱い!

 

そのベルトをクーラーボックスの穴に通して(ピッタリですね!)

 

ストラップアジャスターに潜らせて

 

完成です!!

アジャスターの穴が余ってますね。
このアジャスターパーツは、本来はこのような使い方をするものではないのですが、これでも使えるので十分でしょう。

 

 

シマノ純正のクーラーボックス用ショルダーベルトには、肩パッドが付いているのですが、残念ながらこの”なんちゃってショルダーベルト”にはそんな気の利いた機能はありません。

 

重いクーラーボックスが肩に食い込む設定になっています。
まぁ、肩に食い込むのは大漁だったらのお話ですけど・・・

 

 

このショルダーベルトは白色なのですぐに汚れるんだろうなぁ〜。
でも材料はいくらでも会社にあるので使い捨て感覚でお気楽だ!!

 

 

>>>クーラーボックス改造計画【内フタ編】へ<<<

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク


クーラーボックス改造計画【ショルダーベルト編】関連ページ

クーラーボックス改造計画【本体編】
本体を分解し、アルミテープを貼り込む手順です。 さすがはシマノ製。中身の発泡スチロールは複雑な形をしています。
クーラーボックス改造計画【フタ編】
本体の次はフタを分解し、アルミテープを貼っていきます。 座っても大丈夫なクーラボックスだけど、中身は華奢だな…
クーラーボックス改造計画【内フタ編】
中古で購入したクーラーボックスの内側にフタを付けてみました。 クーラーボックスって何度も開け閉めするから、かなり重宝します。
クーラボックス改造計画【結果はどうよ?】
苦労(?)して改造した中古のクーラーボックスですが改造した成果はあったのでしょうか? 実際に使ってみた結果とは