ハゼ釣り 2015年 大井ふ頭中央海浜公園 スレ

スレバリを使ってみた(2015年11回めのハゼ釣り)

2015年11回めのハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯)

2015年9月13日。2015年11回目のハゼ釣りに行ってきました。
釣り場:大井ふ頭中央海浜公園(はぜつき磯)
天気:晴れのち曇り
釣行時間:6時30分〜9時30分(満潮5:19〜干潮11:24 大潮)
釣果:マハゼ157匹(6cm〜12cm 9cmくらいのサイズが多し)  ダボハゼ6匹  【今シーズン総釣果:1,315匹】

 

竿:2.0m 道糸:0.8号 ハリス:0.6号 ハリ:袖1号(スレバリ) オモリ:ナス1号 エサ:ベビーホタテ(一回だけ”釜揚げしらす”)
ハリス3cmの胴付ミャク釣り仕掛け

 

 

今回は通販で手に入れた袖1号のスレバリ(カエシがないハリ)を使ってみました。

 

何でスレバリを使ってみたのか?

 

 

江戸川でハゼを一日1000匹以上釣り上げる名人がいらっしゃるのですが、その名人の手返しの速さがものすごいのです。

 

特筆すべきは釣り上げたハゼをハリから外すその速さ。

 

釣ったハゼを持った時には、もうハリを外しているくらいなのです。

 

それを見たオッサンは「コレってカエシがついていないハリを使っているのでは・・・?」と思ったのです。
※オッサンが勝手に想像しているだけで、実際に名人がスレバリを使っているかは謎です。

 

 

カエシがついていたら、ハゼのクチの硬いところにハリが掛かれば1号のハリでもそう簡単には外れません。

 

スレバリなら簡単に外せるからあの速さはあり得る・・・

 

 

オッサンは袖1号のハリを使っていますが、袖1号のスレバリなんて釣具屋さんで見たことがありません。

 

ベンチなどでカエシを潰すという方法もありますが、面倒臭さから実行に移らず・・・

 

 

ところがつい最近、ネット通販にて袖1号のスレバリを手に入れたので今回の実釣に至ったわけであります。

 

 

 

 

大井ふ頭中央海浜公園のはぜつき磯に到着すると、最盛期とは言わないまでもまぁまぁの釣り人の賑わい。

 

オッサンのはぜつき磯での釣り場も決まってきました。なぜかここら辺はいつもすいてるんですよね〜

 

 

新しい仕掛けを試す時はドキドキワクワクします。

 

目印に「スレ」と書いてみたが、字が汚いのは生まれつき・・・

 

 

先日までのスゴイ豪雨の影響で、ハゼが釣れるかどうかはやってみなければわからないというところ・・・

 

水もだんだんと冷たくなってきて、もう短パン&サンダルでの立ち込み釣りは厳しい状況。

 

 

 

今までは第一投を入れるとすぐにアタリがあったのですが、今日はアタリが遠い・・・

 

数回仕掛けを入れ直してやっとアタリが来ました。

 

本日の一匹目は少し小振りでした

 

予想通り、スレバリはスっとハリが外せます。

 

やはりスレバリなら手返しが速くなると確信しましたが、カエシがないので釣り上げたハゼをバラす可能性も高くなります。

 

果たして今日はどれくらいバラしがあるか・・・

 

 

 

なんて考えていたら、ハゼのホットスポットを発見し、入れ喰いが続く!

 

これくらいのサイズもしっかりとあがってくるが、スレバリを使っているので、写真を撮るときにハゼが暴れてバレやしないかおっかなビックリ

 

いつものダボハゼ。当然ながらコイツも勝手に釣れてくる

 

 

しかし、今日は南風が強く吹いている。

 

ミャク釣りの弱点は風が吹くとアタリが取りづらいことだ。

 

まぁ、風が吹くと釣りづらいのはミャク釣りに限ったことではないけれど、アタリなんだか、風で竿があおられているんだかよく分からない。

 

 

それでも何とかアタリを取りながらハゼを釣り上げていく。

 

最初の1時間で54匹と、悪くわないが良くもない微妙な釣果となりました。

「シラス」ってエサになるの?

とりあえず一時間のタイムアタックが終了したので、以前から思っていた実験を開始。

 

ハゼって白いものがくっついていればなんでも喰いつきそうだ!”
”ホタテがハゼのエサになるんだから”シラス”だって釣れるんじゃね?

 

 

ちょうど前日の晩ごはんに”釜揚げシラス”が食卓に上ったので、少々失敬してハゼのエサとして使ってみました。

 

前日の食卓に登場したシラス。

よく見るとふりかけた青のりが付いていたりする

 

とりあえずは頭のところにハリをチョン掛けしてみた

 

さてどうだぁ〜!!!と投入する。

 

 

・・・

 

 

 

 

 

・・・・・

 

 

 

 

 

・・・・・・・

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・

 

 

 

 

まったくアタリなし!

 

5分くらい粘ったがピクリともこない!!

 

 

 

コレは意外でしたねぇ〜

 

ホタテほどでないにしろ、少しくらいは反応はあるんじゃないかと思っていたのですがまったく無視とはね。

 

残念ながら”シラス作戦”は失敗に終わりました

 

 

なんでだろ・・・味付けがしょっぱいのか?

 

ハゼはエサとして魚は喰わないからか?

 

 

最近人気が出てきている小型のクランクベイトを使ったハゼのルアー釣り(『ハゼクラ』というらしい)は、ハゼの縄張り意識を利用した鮎の友釣りみたいな釣りらしいから”エサ”としての魚はハゼはご所望ではないらしい。

 

 

”ハゼはなんでも喰いつく”というイメージが一新され”ハゼもキチンと考えてるんだな〜”と感心したのでした。

 

 

 

という気分転換の実験をしながらも、根気強くハゼ釣りを続ける。

 

調子の良い時に限って、船が通過し、波で荒らされてハゼが釣れなくなる・・・

 

まぁ、これも自然現象だと思って割り切ってマス。

 

 

 

結局、3時間の釣行で157匹と風が吹いて釣りにくい割にはまずまずの釣果でした。

 

こうやって写真で見るとハゼではなくドジョウに見える

 

 

釣ったハゼは親子(お父さんと娘さん)で楽しそうに釣りをしていた方に差し上げました。

 

オッサンも一度だけ息子とハゼ釣りに来たがそれっきりだな・・・

 

この親子さんが少し羨ましいオッサンなのでした。

 

 

娘さんに「スゴイ!」って言われたけれど、「がんばって早起きして、朝早く釣りをすればこれくらい釣れるよ!」と爽やかなオッサンを演じておきました。

 

 

 

スレバリ効果のまとめ

【ハリを外すのが速い】
カエシがない分、スっとハリが外せるため時間的にはかなりの短縮になります。

 

【ハリを浪費しない】
カエシがあると、ハゼの口の硬いところやハリが飲まれた時になかなか外れません。
無理に外すと袖1号のハリが折れたり、ハリスが切れたりします。

 

スレバリは簡単に抜けるので、折れやハリス切れがありませんでした。

 

いつも3時間位の釣行時間ならハリは5〜6本使うのですが、今日は3本と半分の本数で済みました。

 

【エサを浪費しない】
これは思ってもいなかった効果でした。

 

カエシのあるハリの場合、釣り上げたハゼをハリから外す時に、エサのベビーホタテが邪魔になってハリがよく見えないことがよくあります。

 

なので、ホタテを取り除いてからハリを外すことが多いのですが、スレバリの場合はハリがスっと抜けるのでホタテが付いたままハリを外すことができ、そのまま釣りを続けることができます。

 

結果、エサの消費量を減らすことができました。

 

【指(爪)を傷めない】
使うハリが小さいということは細いということでもあって・・・

 

ハゼからハリを外すときは、ハリを人差し指と親指の爪部分でつまみます。

 

一回の釣行でそこそこの数釣りをするということは、その数だけハリを外す行為を繰り返すということであります。

 

ハリが細いので爪と指先にダメージがあり、爪が割れ、指先の皮はボロボロに剥がれてきます。

 

歳をとると、一週間程度ではこのダメージは回復しないのでシーズン終盤は指先的に厳しくなってきます。
(まぁ、ここまでして釣りをするのもなんですが・・・)

 

 

しかし、スレバリは軽〜くスッ!と抜けるので指にダメージがほとんど無いのです。

 

おかげで釣りをするのが楽しくなりました!
(って、「今までは楽しくなかったのか?」という突っ込みはナシで!)

 

 

 

当然ながら、長所もあれば短所もあるのが世の常でございます。

 

もうお分かりかと思いますが、カエシがないのでバラシが発生します。

 

 

釣り上げたハゼが手元に来る間や、ハリを外す際にハゼが暴れてピュ!ってハゼが脱走する事がありました。

 

「カエシがあれば、あればゲットしてただろうな・・・」と思われることが7〜8匹はありましたね〜

 

まぁ、これはしょうがないですね。

 

 

キャッチ&リリースということで勘弁してやるか!

 

 

総合的にみるとスレバリはかなり有効だという結論です。

 

ハゼ釣りのシーズンも終盤ですが、もう少しスレバリの塩梅をみていこうと思います。

 

 

 

次の記事>>>「2015年12回めのハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯)」へ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク


スレバリを使ってみた(2015年11回めのハゼ釣り)関連ページ

2015年初のハゼ釣り
2015年シーズン初のハゼ釣りに行ってきました。 現場は当然ながら「大井ふ頭中央海浜公園」の夕やけなぎさ。 シーズン初は緊張します。
釣れないとつまらないけど釣れすぎても・・・(2015年2回目のハゼ釣り)
2015年2回目のハゼ釣りに行ってきました。 今回はハゼが”釣れすぎて困った・・・”という贅沢なお悩みです。
2015年3回めのハゼ釣り 東海ふ頭公園
2015年度3回めのハゼ釣りのレポート。 今回は初めてのポイント「東海ふ頭公園」でのハゼ釣りに行ってきました。
2015年4回めのハゼ釣り 大森ふるさとの浜辺公園
2015年度4回めのハゼ釣りのレポートです。 今回は大森ふるさとの浜辺公園でのハゼ釣りにいきました。
恒例のハゼ地産地消企画(2015年5回めのハゼ釣り)
2015年度の5回めのハゼ釣りは、毎年恒例「ハゼの地産地消」企画です。
2015年6回めのハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯)
2015年度の6回めのハゼ釣りは、大井ふ頭中央海浜公園のはぜつき磯でした。 一時間限定で本気釣りをしてみましたが・・・
2015年第7回めのハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯)
2015年度、7回めののハゼ釣りのレポートです。 前回、時速100匹が達成できなかったので、今回はリベンジに挑戦してみましたが・・・
ハゼ釣り遠征 in 江戸川放水路(2015年第8回目のハゼ釣り)
2015年度の第8回めのハゼ釣りは、ハゼ釣りのメッカ江戸川放水路でのボート釣りでした。
2015年9回めのハゼ釣り 赤ちゃんハゼの猛攻の巻
2015年度の9回めハゼ釣りに行ってきました。 久々の大井ふ頭中央海浜公園の夕やけなぎさでの釣行でしたが・・・
2015年10回目のハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園)
2015年度10回めのハゼ釣りのレポートです。 今年も気づけば、もう10回もハゼ釣りに来てるんですねぇ〜。 大井ふ頭中央海浜公園でのハゼ釣りも最盛期とともに、終盤に差し掛かっています。
2015年12回めのハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯)
2015年度の12回めのハゼ釣り。 う〜ん、そろそろ大井ふ頭中央海浜公園でのハゼ釣りも終了かも・・・
今シーズン初の海老取川でのハゼ釣り(2015年13回めのハゼ釣り)
今回は今シーズン初めて海老取川にハゼ釣りに行ってきました。 まだ時期的に早い気がしますが、海老取川の様子見ということでひとつ・・・
2015年14回めのハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯)
2015年度の14回めのハゼ釣りレポートです。 今回までで大井ふ頭中央海浜公園のハゼ釣りを終了しようと思ったのですが・・・
今シーズン最後(?)のはぜつき磯(2015年15回めのハゼ釣り)
今回で大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯でのハゼ釣りは終了となります。 来週から海老取川を中心にノンビリと良型狙いのハゼ釣りでもするか・・・
2015年16回めのハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園・東海ふ頭公園)
2015年度16回目のハゼ釣りのレポートです。 今回は大井ふ頭中央海浜公園と東海ふ頭公園の二本立てです。
ハゼ釣り場を開拓 京浜運河にて(2015年17回めのハゼ釣り)
2015年度17回めののハゼ釣りのレポートです。 いつもの大井ふ頭中央海浜公園トはシーズン終了したので、今回は京浜運河にてハゼポイントの開拓です。
京浜運河のハゼ釣り 2nd(2015年18回めのハゼ釣り)
前回同様、京浜運河でのハゼ釣りです。 この現場は広い(長い)ので、今年中に全てを攻めるのは無理かな・・・
京浜運河のハゼ釣り 3rd(2015年19回めのハゼ釣り)
2015年のハゼ釣りもそろそろ終了か!? 頼みの綱の「京浜運河のハゼ釣り」も厳しくなってきたみたい・・・
終わり良ければ全て良し!ラストハゼ釣り in 京浜運河(2015年20回めのハゼ釣り)
2015年いよいよ最後のハゼ釣りのレポートです。 ここ数回通っている京浜運河でラストの締めとなりました。シーズン的には釣れないはずなんだけど・・・
本当にハゼ釣りラストか!?京浜運河リターンズ(2015年21回めのハゼ釣り)
先週で2015年度ラストのハゼ釣りになるのかと思いきや、行ってきました京浜運河。エサの桜えびが余っていたので使い果たすためにハゼ釣りへGo!
ハゼの穴釣りについての考察(大森ふるさとの浜辺公園にて)
ハゼの穴釣りについて思うところがあったので考えてみました。考察の現場は「大森ふるさとの浜辺公園」の隣の護岸にて・・・