タコ釣り デビルパラシュート 自作 作り方

デビルパラシュートの自作【組み立て〜仕上げ編】

まずは一番面倒くさいハリの取り付け

お次はいよいよ組立作業です。

 

@まずはハリを付ける位置を決めます。

 

オッサンが使うワームのサイズに合わせます。
※この作業時にはデビルクローはなかったので、手持ちのワームを使っています。

 

使うワームは、
【バークレイ(Berkley) ワーム クロー SWバブルクリーパー 4インチ グローシルバーフレック】

デビルパラシュートの自作【組み立て〜仕上げ編】

 

人間にはキモ怪しい生物に見えますが、小さなロッドアクションでもワームの各パーツがピクピク動き、タコに強烈アピールしてくれるらしい。

怪しい宇宙生物な感じ

 

サイズは4インチ(10cm)なのでデビルクローとほぼ同サイズ。

 

グロー夜光色なので怪しく光る。

デビルパラシュートの自作【組み立て〜仕上げ編】

別に夜釣りするわけじゃないけどサ!

バークレイ(Berkley) ワーム クロー SWバブルクリーパー 4インチ グローシルバーフレック

 

ハリとの位置関係はこんな感じかな。

ワームの尻からハリの下まで13cm

 

なので、オッサンの場合は芯材のフロート側から5cmがハリの曲がりの下になります。

 

 

位置が決まったのでハンダ付け作業に入ります。

 

Aハンダ付けする部分をサンドペーパーで削ってハンダを付けやすくします。

画像にはないけどハリの方もペーパーかけます

 

B次に対面のハリどうしを一気にハンダ付けするので、ステンレス用のフラックスを塗布。

いろいろやったけどこの方法が簡単確実

 

Cハンダ付け。

すっかりマスターした手放しハンダ付け

 

残りの2つのハリも同じようにハンダ付けするとそれなりの形に見える。

このハンダ付けの時にハンダごてをじっくり付けすぎると、ハンダが終わった箇所のハンダが溶けてしまうことがあります。

各ハンダが近いので一気に線状に流すのではなく、何箇所かに分けて冷ましながら作業すると上手くできます。

出来上がるとそれなりに見える不思議

 

D次にハンダ付けした部分に熱収縮パイプを入れて、下手なハンダのボロ隠しと補強をば。

 

今回は太くなるので内径6.4mmの収縮パイプを使います。

 

縦方向も収縮するので3mmほど長めにカット。

これくらいかな

 

Eライターで炙り収縮させます。

結構ジックリ炙っても大丈夫な気もするが・・・

 

できた!

それなりに格好良く見えるカモ

ワームホルダーの取り付け

お次はワームホルダーをハンダ付けします。

 

位置はアイ側の先端から2.5cmがワームホルダーの前端になります。

 

取り付け位置にマーキングしたらハンダ箇所にペーパーをかける。

これも両方ね

 

このハンダ付けは気楽で、ス〜っと流れてゆくから気持ちよくハンダが入る。

この作業は楽しい

 

アッという間に完了。

アイ側の加工

次はフックをかけるアイ(輪っか)を作ります。

 

分かりやすいように他のパーツを作った時の画像で説明しています。

 

さすがに2.0mmの硬質ステンレスを人力で曲げるのはキツイので、”焼きなまし”を入れます。

 

@片方だけアイの加工をします。
片方にだけ焼なましを入れます。

デビルパラシュートの自作【組み立て〜仕上げ編】

タップリと焼いてください

 

A冷めてから2cmに印を付けます。

デビルパラシュートの自作【組み立て〜仕上げ編】

2cmピッタリじゃないと意外にやりづらいカモ

 

B印をした2cmから順番に曲げてゆきます。

デビルパラシュートの自作【組み立て〜仕上げ編】

 

デビルパラシュートの自作【組み立て〜仕上げ編】

初めは一気に曲げるよりも段々に曲げる方が簡単

 

Cこんな感じ。

デビルパラシュートの自作【組み立て〜仕上げ編】

なるべく隙間は無いほうが良いと思う

 

本当はワームホルダーが邪魔して結構やりづらい・・・

こんな風にやりづらいんですよね

 

 

まずはこんな感じに出来ました。

次は実験コーナー

ここからは実験コーナーです。

 

今回フロートとして用意したのは直径が25mmと30mmの発泡スチロールの玉です。

 

どちらがフロートとして使えるかは実際にやってみなくちゃ分からなかったので、さっそく実験してみます。

 

ワームと棒オモリ、スイベル等を付けて、実釣さながらの仕様で実験開始。

 

 

希望としては25mm球で浮いてくれればありがたいのですが、デビルもどきの重量が結構あるのでどうなんだろ・・・

実釣仕様にて

 

まずは25mm球を刺して沈めてみると・・・

あえなく沈没・・・残念!

 

まさか!?30mmも・・・っと心配になったが。

こっちは浮いた!

 

オプションの「タコオーロラ」を付けても十分な浮力がある。

できればこの仕様で使いたい

 

たかが5mmの直径差なんだけど、計算してみたら25mm球は30mm球の6割程度の容積しかないから浮力も全然違うんですね〜

 

っというわけで、フロートは30mm球を採用となりました。

いよいよ最後の仕上げ

いよいよ最終仕上げ。

 

フロートを通して反対側のアイ加工です。

 

@まずはアイを作るので焼きなましを入れて冷まします。

 

A塗装したフロートを穴に差し込んで、アイを作ります。

プスっと既存の穴に刺すだけ

 

フロートを傷つけないように慎重にアイを作る

 

ふと思ったんだけど、こっち側ってアイにする必要あるのかな?

 

市販のデビルパラシュートはアイになっていて、ここにキラキラブレードを付けたり出来るらしいが、オッサンがブレードを付けることはないかな・・・

 

なので、量産となったら直角に曲げるだけでよさそう。

 

とにかくこれで完成!お疲れ様でした。

 

 

 

オマケでもう一つ仕様の違うのを作った。

 

これはハリの片方を大きくして、タコを掛けやすいように段違いハリ仕様です。

段違いパラシュート版

 

こっちの方がお気に入りなのでファイヤー柄のフロートにしてみた。

苦労して塗ったファイヤー柄だが意味はない

 

今回の作品。

お〜!マトモに見えるじゃん!

 

ちなみに重量は16gでした。

ハリ部だけで1.6mmステンレス線を50cm使ってるからね

 

 

ついでに本物のデビルクロー(オレンジラメ色)を入手したのでセットしてみました。

ワームのセットも簡単!

 

バークレイワームよりもデビルクローは短くて、なんか間延びしてる印象。

 

デビルクローしか使わない場合は、ハリ部からアイ側をもう2cm短くした方がしっくりきそうですね。

 

 

タコオーロラも付けるといい感じになる。

釣れそうな気がするのは気のせいか・・・

 

 

今回のデビルパラシュートもどきの自作の値段は、ワームを入れて約380円でした。

 

自作デビルエイトクローよりも高くなった原因は、スイベルとフックがけっこう高価だったから。

 

なので、もっと安価なスイベルを使えばもっと安くあがるハズ・・・

 

もちろんダントツで高いのがワームなんだけどサ。

 

 

ワームもスイベルも値段に含まないパラシュート本体だけなら100円くらいです。

 

自作が安いのは確かなんだけど、作る行為を楽しめないとやってらんね〜ですよね。

 

市販品は高いという印象かもしれませんが、作る手間と高いクオリティと何よりもメーカーが実釣を重ねて商品化したという”安心感”を考えれば、とてもお得だと思います。

 

 

 

さて、残った25mm球の使い道はあるのかな・・・

 

 

 

デビルクラッカーはオッサン2号曰く使い方が限定されるらしいので、あまり使わないカモということだったので作ってません。

 

っていうか、音が鳴る玉なんて作れません。

 

なのでパラシュートだけでお腹いっぱいだ!

 

 

よろしければこちらもどうぞ!
「タコ釣り用【デビルエイトクロー】風なルアーをリーズナブルに自作する」へ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク


デビルパラシュートの自作【組み立て〜仕上げ編】関連ページ

デビルパラシュートの自作【キッカケ編】
なんでデビルパラシュートを自作する事になったのか。まぁ、理由はいつもどおりなんだけどサ!
デビルパラシュートの自作【材料編】
デビルパラシュートの材料は、基本はステンレス線なのですが、今回は3種類の太さを使ってます。
デビルパラシュートの自作【各部パーツ制作編】
デビルパラシュートの各部のパーツ製作です。基本的にはデビルエイトと同じですね。