2018年 ハゼ釣り 釣り 東京 多摩川 羽田

2018年14回目のハゼ釣りは引き続き多摩川本流の羽田にて

2018年14回目のハゼ釣りは再び多摩川羽田ポイントへ

2018年9月9日。
2018年夏シーズン14回目のハゼ釣りに行ってきました。

 

釣り場:多摩川本流羽田付近
天気:晴れ
釣行時間:6時30分(潮位:175cm下げ二分)〜
8時30分くらい(潮位:90cm下げ7分)大潮
釣果:マハゼ38匹(8cm〜12cm)ウロハゼ(15cm)

 

 

竿:2.0m 道糸:ナイロン0.8号 ハリス:ホンテロン0.6号 ハリ:袖1号スレ オモリ:自作Fe(鉄)オモリ。1号相当の重さ エサ:ボイルベビーホタテ
ハリス3cmの胴付ミャク釣り仕掛け

 

後半はオッサン2号からもらった2号自作の胴突き仕掛け

 

 

 

まぁ、結果的に言えば本日は玉砕しました。

 

暇で暇でど〜しようもない方以外はこの先を読んでも時間のムダになると思います。

 

暇な方はどうぞ!↓

 

 

 

 

釣りではよくあることですが、先週良い思いしたから今週も!なんて事はまずない訳で・・・

 

大体が×-◯-×-×-◯-×-×-×・・・って感じの釣れ具合で、得てして釣れないときのほうが多い。

 

数釣りの代名詞であるハゼ釣りでさえそうなのである。

 

 

オッサンのようにいろんな釣り場をフラフラしてるような主体性のない奴にぁ、なかなか良い思いをさせてくれないものだ。

 

一ヶ所の釣り場でその時々を見極めて、釣れるポイントにしっかりと狙いを定めたほうが良い釣果になると思うが同じ釣り場ばかりだと飽きるのが玉にキズ。

 

 

んで主体性のないオッサンは本日も多摩川本流の羽田ポイントへやって来たのですが、到着した途端に強風で萎えた。

 

 

地形的に河川は風の通り道になる。

 

特に海風が直接ぶち当たる最河口部ともなればその強さは殊更だ。

 

この釣り場のコンクリート護岸の階段を上がった途端、強風で麦わらが引っ張られ首に掛けていたヒモが頸動脈を締め付け、軽い立ちくらみを起こす。

 

 

釣り場を見渡すと既に到着していたオッサン2号の巨体が目に付いた。

 

その手前には今年からハゼ釣りに本腰を入れているH氏も座って釣り糸を垂れていたんだけど、H氏は細身なので奥側の2号の方が近くに見えて遠近感がおかしかった。

 

オッサンも護岸に降りてH氏にハゼの塩梅を聞いてみると「ボチボチ」というお返事。

 

まぁ、悪くはないんだな・・・

 

天気は晴れているが強風!!

 

 

今日は大潮で到着した時間はドンドン潮が下がっている最中。

 

本来なら満潮から下がり始める朝5時に来て一気に勝負を決めたいところだが、オッサンがそんな時間に起きれるはずもなく、頑張っては見たものの時合いを逃すこの時間に来るのが精一杯。

 

それでもすぐに釣り始めれば良いものを、2号とダベりながら朝ごはんをやっつけ始める始末。

卵とケチャップライスが最強の組み合わせだ

 

ご飯を食べながら2号の釣りを眺めるが、今が時合いで良い型のハゼが良いリズムで上がってくる。

 

狙うポイントはやはり単管パイプで作ってある足場のふもと付近が良いらしい。

哀愁漂う中年釣り師の後ろ姿

 

 

オッサンも気持ちは焦っているのだが、まずは腹ごしらえっとばかりご飯を食べてグズグズしていた。

 

さすがに大潮なのでみるみるうちに潮が下がり、このままでは釣れる時合いを逃すであろうことが、オッサンはおろかチキンライスのケチャップでさえ分かるだろう。

 

 

 

そんなわけでオッサンも慌てて釣り始める。

 

2号とバッティングしないようにお隣の小屋(?)の脇に陣取り、ハゼを釣り始める。

 

既にこの頃は時合いの終わりかけで、水深は50cmを切ってるくらい。

 

一投目で着底のアタリがあるがハリ掛かりせず、そのアタリから今日はマイクロハゼが多い事を覚悟する。

 

同じポイントに落とすと、チビハゼのアタリで上がってきたのはやっぱり小さかった。

9cmほどの唐揚げサイズ

 

う〜ん、今日はこのサイズが多いのかな・・・

 

同じスポットに落とすとやはりアタリ方が小さいハゼばかりで、上がってくるのも唐揚げサイズばかり・・・

 

今日は10cm弱で粘って、たまに来るであろう良型を期待するしかないかな。

 

丁寧に探れば数箇所のホットスポットは見つかるんだけど、どこも同じようなサイズのハゼしか上がってこない。

 

 

我慢の釣りをしていると、小さなアタリでアワセた途端にずっしり重くなり横走りを始めた。

 

お!これは!!とオッサンの瞳孔が開く。

 

竿を立てて強い引きと重さをいなす。

 

柔らかい竿がしなるが、まだ奴は走っている。

 

これがマハゼなら間違いなくデカイけど、ハゼの走り方じゃない感じ・・・

 

 

やっと上がってきた獲物は今季初のウロハゼでした。

ど〜りで重いわけだ

 

サイズは15cm程度だったんだけど、丸々太っていた。

 

ウロハゼならもうちょっと大きくても良い気もするが、やり取りを楽しめたからヨシとしましょう。

二匹目のドジョウはいなかった・・・

程なく、時合いが終了したらしくハゼのアタリがパッタリと無くなった。

 

潮が引いたのでハゼ達はもう少し沖にいるようだが、オッサンが持ってきている竿は2mのこの竿のみである。

 

ここの常連達は2.4mとか2.7mの竿を使っているから、この釣り場で2mは短いのだろう。

 

 

どこに落としてもアタリはないし、根掛かりで仕掛けを2回ロストしたので心が折れる。

 

 

 

ブツブツ文句を言ってると2号が自作の仕掛けをくれた。

 

実はこの仕掛は以前ももらったことあるんだけど、全然使わずじまいで保管してある。

 

せっかくの心意気なので、お試しとばかりに使わせてもらう。

 

基本的な形は胴突き仕掛けなんだけど、ハリス止め付きのサルカンをウキ止めのゴムで挟み込んで、ハリスの高さを調整できるように工夫したらしい。

 

オモリはスナップ付きのナスオモリが付いていて、何かと金が掛かっている仕掛けになってございます。

 

 

問題はオッサンのハリスはチチワ結びをしているのでハリス止めに入らない。

 

しょうがないからチチワの結び目でカットしてハリス止めに入れたんだけど、ハリスの長さが1.5cmくらいしかない。

ちょっとハリスが短かすぎないか!?

 

 

とりあえずやってみたんだけどアタリがない。

 

もう潮は引きまくっていてハゼは沖に行ってしまったようだ。

 

 

しょうがないから場所移動する。

 

移動先はこの場所から多摩川の上流方面で船宿「伝寿丸」の付近。

 

ここは「羽田第一水門」があるところだから、潮が引いても水深は確保できているが、ハゼが釣れるかどうかはまた別のお話。

とりあえず水深だけはある

 

そもそもアタリ自体が少ないんだけど、先程から唐揚げサイズがアタックしては来ているがハリ掛かりしない。

 

原因はやはり仕掛けか?

 

ハゼのアタリ方がなぜか硬くて「カツ、カツ」って感じ。

 

この仕掛はスイベルとか付いてるからもっとボヤけると思ってたんだけど、なんでだろ?

 

ハリスが短いからかな?

 

1.5cmのハリスだとエサのホタテは完全に浮いてるだろうから、ハゼは浮き上がってエサを喰ってるはず。

 

浮き上がってエサを咥えながら下に降りようとする時に、向こうアワセで自動的にハリ掛かりする、という作戦を期待していたんだけどそう上手くもいかずハリ掛かりしない・・・

 

やはり、もう少しハリスに余裕が無いと喰い込みが悪そうだ。

1.5cmでも釣れないことはないんだけどね

 

オッサンが使っている塙式の胴突き仕掛けを考案した師は、様々なハリス長さを試して3cmに落ち着いたらしいので、やはりこの仕掛は改良の余地なしだと思う。

 

 

 

風は収まるどころかますます強くなり、ハゼの小さなアタリなんて全くわからなくなる。

 

強風時はオモリを重くしてラインを強めに張り気味にすればなんとかなったりするんだけど、竿が持っていかれるほどの暴風だからちょっと厳しいか・・・

 

 

2時間粘ってウロハゼを入れて小粒多数の39匹という貧果。

ひぇ〜!

 

定石通り、爆釣は続きませんでした。

 

 

使う竿の長さによって違いますが、この釣り場は潮位120cmを切ると厳しくなるかな。

 

できれば下げ潮ではなくて上げ潮で勝負したほうが良さそうですね〜

 

潮が引いてきたら望みはオッサンが今日やっていた羽田第一水門か海老取川なら水深は確保できると思います。

 

でもその状況でハゼが釣れるかどうかは分からじ。

 

 

 

帰りに海老取川の様子を見てみました。

 

結構釣り人がいましたが、あまり竿は上がってなかったな・・・

厳しそうな海老取川

 

釣れるだけが釣りではないけど、釣れないよりは釣れたほうが楽しいのは確かかな・・・

 

 

 

次の記事>>>「2018年15回めのハゼ釣りは今シーズン一番釣れた!」へ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク


2018年14回目のハゼ釣りは引き続き多摩川本流の羽田にて関連ページ

2018年最初のハゼの穴釣りは具合が悪い中・・・
2018年も最初のハゼの穴釣りに行ってまいりました。もう少し早く行く予定でしたが、体調不良でやや遅いハゼ釣行となりました。
2018年2回めのハゼの穴釣り【2018年年始シーズンラストのハゼ釣り】
2018年2回めのハゼの穴釣りですが、今回で年始シーズンのハゼ釣りもラストになります。 次のハゼ釣りは夏ハゼになりますね〜
2018年夏シーズンハゼ釣り開幕!6月も初日から!!
2018年の夏ハゼ釣りがいよいよ始まりました。今年はどんなハゼ釣りになるのか。まだ、6月に入ったばかりですが、大井ふ頭中央海浜公園の主なハゼ釣り場の偵察に行ってきました。
2018年2回目のハゼ釣り【大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯】
2018年2回目のハゼ釣りに行ってきました。まだ6月入って間もないのでハゼも小粒ですが、数はいるので今後に期待したいところ。
2018年3回目のハゼ釣りはヒネハゼを求めて
2018年度夏シーズン3回目のハゼ釣りに行ってきました。雨天予報の中、ハゼ釣り人はいないから好きなポイントでできるだろうと、ヒネハゼポイントでのハゼ釣行。
2018年4回目のハゼ釣りはハゼ人生最短の釣行
2018年夏シーズン4回目のハゼ釣りに行きました。ある理由により今までで最短のハゼ釣り時間になりました。
2018年5回目のハゼ釣り【大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯】
2018年度夏シーズン5回目のハゼ釣りに行ってきました。7月に入ったからもっと釣れると思ってたんだけど・・・
2018年6回目のハゼ釣りはミステイクだらけ
2018年度夏シーズン6回目のハゼ釣りに行ってきました。んが!もうミスばかりで、ど〜しようもないハゼ釣りになってしまいました。
2018年7回目のハゼ釣りはアタリ日だった
2018年夏シーズン7回目のハゼ釣りに行ってきました。本日はシーズンに数回あるかないかのハゼ釣りのアタリ日でした。
2018年8回目のハゼ釣りは鬼の厳しさ!
2018年夏シーズン8回目のハゼ釣りに行ってきました。ハゼの数釣りのシーズンなのに激渋でした。
2018年9回目のハゼ釣りはアタリの日
2018年度夏シーズン9回目のハゼ釣りに行ってきました。台風一過でハゼが釣れるか釣れないかのカケになる日でしたが、アタリでした!
2018年10回目のハゼ釣りは大きく空振り
2018年度夏シーズン10回目のハゼ釣りに行ってきました。台風一過でやっと京浜運河の水質も改善したのですが・・・
2018年11回目のハゼ釣りはもう秋の気配
2018年度夏シーズン11回目のハゼ釣りに行ってきました。お盆も過ぎると残暑どころか秋っぽくなって水も冷たいハゼ釣りになりました。
2018年12回目のハゼ釣りは夕まずめ狙い
2018年夏シーズン12回目のハゼ釣りは夕まずめに行ってみました。んがしかし、渋いハゼ釣りになってしまいました。
2018年13回目のハゼ釣りはちょっと方向を変えて
2018年度夏シーズン13回目のハゼ釣りは、いつもの現場ではなく多摩川本流に行ってみました。以前はハゼ釣りのメッカだったのですが今年はどうでしょうか?
2018年15回めのハゼ釣りは今シーズン一番釣れた!
2018年夏シーズン15回めのハゼ釣りに行ってきました。本日も最近通っている多摩川羽田での釣行ですが、今シーズンで一番のハゼ釣果となりました。