2019年 ハゼ釣り 穴釣り 東京

2018年度39回目のハゼ釣りは2019年初ハゼ釣り

2019年初ハゼ釣りはトホホ…

2019年1月10日。
2018年度39回目のハゼ釣りに行ってきました。

 

釣り場:秘密の花園(KL−H0→KR−H2)
※「秘密の花園」という釣り場は諸事情により場所は明かせません。
申し訳ないです。
天気:晴れっぽい曇り
釣行時間:10時30分(潮位:145cm下げ4分)〜13時00分くらい(潮位:97cmほぼ干潮)中潮
釣果:マハゼ2匹(13cm・19.5cm)

 

 

竿:1.5m 道糸:ナイロン1.5号 ハリス:ナイロン1号 ハリ:袖4号スレ 
オモリ:自作Fe(鉄)オモリ。1号相当の重さ 
エサ:アオイソメ
ハリス3cmの胴付ミャク釣り仕掛け

 

 

 

2018年度39回目のハゼ釣りに行ってきました。

 

正確には2019年なのですが、シーズンとして考えると2018年シーズンの延長なので2018年のカテゴリーに入れました。

 

 

 

本日も夜勤明けの平日釣行なんだけど、ハゼの穴釣りに行くかどうか迷ってました。

 

年が明けてから各方面から寄せられた”秘密の花園釣果情報”を鑑みるに、「ハッキリ言って、2018年シーズンのハゼの穴釣りも終了しているのでは…」という印象。

 

 

2018年の秘密の花園での穴釣り釣果は、数と型両面において例年になく素晴らしかった。

 

この原因は暖かい陽気にあると思われたので、2019年は少なくとも1月いっぱいは楽しめると思っていた。

 

しかし、2018年も年末になると著しくハゼの活性が悪くなり、パッタリと釣れなくなり、件の残念な報告の嵐である。

 

 

仕事を終えて夜中に帰宅し、”目が覚めてから考えよう”と眠りについたが最初に目が覚めるとまだ真夜中だった。

 

歳はとりたくないものである。

 

 

頑張って二度寝して起きてみたら今度は朝だった。

 

朝とはいっても既に9時を過ぎていて、もう面倒くさいからハゼやめようと思ってたんだけど、風は吹いてないし、おひさまも出てるしで絶好の穴釣り日和ではないですか!?

 

「これは出撃せねばならない!」

 

 

っという訳で、2019年初ハゼ釣りに出撃となりました。

 

いつものように途中の釣具屋さんでアオイソメを調達。

 

すっかりこの店の常連になったので、イソメも少し増量のお年玉である。

 

偉そうに常連とは言うものの、イソメしか買ったことがなくて本当に申し訳ないです…

 

 

釣り場まで愛車(ママチャリ)を漕ぎながら、本日の作戦を整理する。

 

詳しくは後述しますが、年始のシロギス釣りの釣法をハゼ釣りに活かせないか?と考えていたのです。

 

昨年末頃のハゼの穴釣りでは、アタリはあってもハリに掛からない事が頻発。

 

しかもそのアタリは一回だけで、そこでハリ掛かりさせないと次はもう喰って来なくなるのです。

 

11月中なら何度も喰ってきて釣れるのですが、12月の後半にもなってくると少ないチャンスをものにしないと釣れません。

 

 

この時期はこのような喰い方になるので仕方ないのですが、アタリがあるならなんとか釣り上げたいのが釣り人の性。

 

全くアタリも無いというのなら諦めもつくのですが、アタリがあるならなんとかしようよオレ!

 

 

本日の現場「秘密の花園」に到着。

 

今日は平日だからかもしれないけど、誰も釣り人がいない”終わりの香りがたちこめているハゼ釣り場”である。

 

人間は誰もいないけど、野良猫が出迎えてくれてチョッピリ嬉しかった。

 

 

今は下げ潮で、これから2時間程の干潮までが勝負だな!

できれば上げ潮で勝負したいが、しょうがない

 

 

野良ぬこ達と新年の挨拶を交わし、釣りの準備を始める。

 

まぁ、いつもの胴突き仕掛けに変わりないんだけど、今日は少々変化を付けた。

 

いつもはオモリの上2cmくらいにハリスを付けるんだけど、今日は5cm上にハリスを付けてみた。

 

っというのも、この釣り場ではカニとダボハゼが頻繁に掛かってくる。

 

ダボハゼはしょうがないとしても、カニの猛攻が来るとエサのイソメの消費が激しくてもったいない。

 

エサを上に上げればカニが届かないのではないか?というトホホな作戦である。

 

5cm程度なら穴ハゼサイズならちょっと鎌首を持ち上げれば届くだろうし、エサにかぶりついて下に沈んだ時に自動的にハリ掛かりするのでは…という期待が無いわけでもない。

この高さでもハゼ届くよね?

 

もう昨年在庫分のホタテが無くなったのでアオイソメオンリーだ。

今シーズンはイソメを多く使ったから出費も痛いな(泣)

 

ハリ掛かり重視でまずはいつもよりも短めにイソメをカットしてみる。

イソメが短いと喰ってこないカモという危惧はある

 

 

準備が出来たので本日の作戦をブツブツと復唱する。

シロギス釣法をハゼに活かした作戦とは?

冬の喰いが浅い居食い系や警戒心の強い大型のシロギスをハリ掛かりさせるには、ラインを張っているとキスがエサに違和感を感じてしまい、ハリまで喰い込みません。
キスは習性上、一回でエサを飲み込まず数回に分けてエサを喰います。その上とても臆病な魚なので、エサに違和感を感じるとすぐに離してしまうのです。

 

なので、ラインにテンションを掛けない【ゼロテンション(以下「ゼロテン」)】が基本になります。
ゼロテンなら違和感なく喰ってくることが多いし、ラインに余裕があるのでエサが引っ張られても自動的に送る事ができます。
人間がアタリを感じてからラインを送っていたのでは、もう手遅れなのです。
テンションを掛けないとは言うものの、緩すぎる訳でもないのでアタリもとることが出来るのがゼロテンという状況になります。

 

真冬の喰いが悪いハゼもシロギスと同じだな〜っと思っていたので、このゼロテンをハゼの穴釣りに活かすには?と考えたのが、今回実践してみる釣法です。

道糸は直線ではなく少したわませる
なので竿もたわまないから一直線をキープ
オモリは寝かしたまま(ナス型オモリ使用の場合)
アタリは竿先ではなく道糸と水面が接する箇所で見る

といった感じ。
この時期はアタリ方もかなり控えめなので、その繊細なアタリをとろうとするあまりテンションを掛けると違和感が出て、ハゼの喰いが悪くなると思います。

 

まぁ、こんな事はここで偉そうに言うほどの事でもなく、やってる人はやってるのでいまさら感満載ですが…

釣れなくはないんだけど…

さぁ、爆釣じゃ!と第一投。

 

これくらいな感じかな〜っと竿の角度を調整していると後ろで人の気配がした。

 

振り返ると穴師匠だった。

 

「どうかな〜っと思って来てみたんだけど、今日は良い日だね〜!」と相変わらずの人懐っこい笑顔で新年の挨拶を交わす。

 

しばらく談笑し、穴師匠は違う方面のポイントで釣り始めた。

 

この釣り場は広大だから、それぞれお目当てのポイントがあるのだ。

 

 

穴師匠が来たということは望みが無いわけでもないな…

 

少し安心して釣り始める。

 

 

すぐに微かなアタリを感じる。

 

道糸は結構フケてるんだけど、これでもアタリは分かる。

 

聞きアワセてみるとやはりカニだった。

 

いらんわ〜!

 

カニを振りほどき再び同じ穴へ投入。

 

カニが居るということはマハゼも居る事が多い。

 

今度はカニではないアタリが来た!

 

お!いたいた!

 

やっぱりこの釣法はイケるんじゃない!?と5秒ほど喰わせてから聞きアワセるとナイスな引きで竿がしなる。

 

来た〜!と思ったがコイツだった。

お腹ぷっくりのナイスメタブ

 

いらんわ〜!

 

その後はカニの猛攻でカニが団子状態で上がってくるだけ…

 

ムムム、ハリス5cmアップ作戦は失敗だったようだ。

 

ダボハゼは仕方なしとしてもカニがこれほどちょっかい出してくるとは…

 

まぁ、穴の中も狭いイビツな空洞なんだろうから、カニもチョイと手を伸ばせばエサに届くということか。

 

しかもオモリが根掛かりすると、どういう訳か一番上の結び目で道糸がブチ!っと高切れになるから、2回の高切れでもう道糸全体を交換しなければならないくらいの短さになってまう。

 

 

っという訳で、いつも通りのオモリ上2cmのハリスに戻して釣りを続けるが、たま〜に小さいダボハゼが突いてくるくらいで、マハゼのアタリが全く無い。

 

うわ〜、やっぱりもうハゼも終わりなのか…と遠くの穴師匠を眺めていると、オッサンと同じようにボケ〜っとしてるようにしか見えない。

 

「フッ、釣れてないな…」

 

ホッとする心の狭いオッサン。

 

 

 

このままではラチが明かないので、ポイントを大きく移動。

 

実はこちらのほうが本日の本命のポイントで、カニがほとんどいない場所になります。

 

今シーズンはこちらは貧果でほとんど釣り人が入ってなかった場所。

 

もうこの状況だとどこでやっても同じだと思ったので、荒らされてない方に来てみました。

 

 

スルスルと仕掛けを落とすと1m以上は入っていく穴が多い場所で、この深さでアタリがあれば大型が期待できますがほとんどアタリもない。

 

んが、ある穴でスルスルと落としていく途中で跳ねっ返りのようなアタリが来た!

 

こんなアタリはほとんどがマハゼなのでオッサンの瞳孔が開く。

 

そのままゆっくりと底まで落とすと、マハゼのアタリが来るがすぐにそれも無くなる。

 

「ん〜、だめか…」っと10秒ほどゼロテンで止めてからゆ〜っくりと聞き上げるとハリ掛かりしてきた。

 

まぁ、引きが弱くてサイズは期待できなかったんだけど、本日の一匹目が上がってきた。

13cmくらいのミニマムサイズ

 

でもしっかりとお歯黒ハゼだった

 

秘密の花園での最小サイズ更新で、マズイな今日は…

 

と思いながら、あるスリットみたいな岩の切れ目に落とすと20cmも無いような浅さだった。

 

”こんな浅いんじゃ話にならん!”とすぐに竿を上げようとしたら、いきなりズドン!と竿ごと持っていかれた!

 

おわ!居るじゃん!!と思うが、今の持って行き方はウナギ?

 

半信半疑でイソメを大きめにつけてゼロテンしていると、チョンチョン!と突っついてくる。

 

アタリは弱く小さいんだけどマハゼだ!

 

確信したので、下手にハリ掛かりしないようにそ〜っと竿を上げて、イソメのシッポ部を二本付けて必勝エサにチェンジ。

 

喰いが悪いこの時期はエサをケチらないで、ハゼを確認したら、すぐに新しいエサに換えて確実に喰ってくるようします。

 

イソメの体液が抜けたフニャフニャエサをいつまで付けてても、次はアタらないことがほとんどです。

 

 

スルスルと落とすとすぐにグン!っと喰ってきた。

 

ほぼ向こうアワセで掛けると久しぶりに良い引きと重さが伝わってくる。

 

いいね〜!

 

いつものヘラブナ取り込み法でしばらく泳がせながら取り込む。

 

ナイスサイズのマハゼが上がってきた。

20cmには足りないが良い型だ

 

やっと釣れたよ〜

 

ヨシ、これからだ!と気合を入れ直すと穴師匠がやって来た。

 

「ダメだ!二匹しか釣れないよ〜」としょぼくれていた。

 

「こちらも二匹です」と報告すると、「エ〜!もっとガンガン釣ってるのかと思った。君が二匹じゃコッチもダメか〜」と言ってくれた。

 

もう今シーズンのハゼは終わりなのか?穴師匠に聞いてみると「数はさすがに厳しいけど、1月いっぱいは釣れると思うよ!」という見解だった。

 

 

お互いの釣り方や狙い、今後の作戦などしばらく談笑する。

 

オッサンの課題である、この時期特有の一回だけ来る小さいアタリで掛けるには?を質問してみると、
「それができれば苦労しないよ!アレばかりは難しい。ただ、それを掛ける方法はきっとある!私ももっと上手くならないと。」と前のめりな返事だった。

 

穴師匠でもアレは厳しいのかと思うと同時に、このレベルでも更に精進を重ねる意欲にオッサンも身が引き締まる思いだった。

 

 

穴師匠は帰ったがオッサンはもう少し粘ってみる。

 

しかし干潮時間だからかアタリすら全く無い。

 

何の生体反応もないので、身が引き締まったのはたった10分でその後はグダグダになっていた。

 

その後30分だけ粘ってみたが何の音沙汰なく納竿。

 

極寒の中2時間30分ほどやってみたが2匹という難行苦行のような穴釣り世界。

 

宗教世界の苦行は精神を浄化し、悟りを得られるかもしれないが、ハゼの穴釣り苦行はというと、霜焼けとイソメ臭い指になるという悟りとは程遠い俗っ気バリバリな修行結果である。

こちらは19.5cmとナイスサイズ

 

13cmとケタハゼにもならないミニマムサイズ

 

 

そろそろハゼの穴釣りも終わりかも…

 

否!まだドラマが待ち構えているかもしれないぞ…

 

しかし、もう無理だろ…

 

いやしかし…

 

 

いつまでも未練がましいオッサンなのでした。

 

 

 

次の記事>>>「2018年度40回目のハゼ釣りはラストハゼ」へ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク


2018年度39回目のハゼ釣りは2019年初ハゼ釣り関連ページ

2018年最初のハゼの穴釣りは具合が悪い中・・・
2018年も最初のハゼの穴釣りに行ってまいりました。もう少し早く行く予定でしたが、体調不良でやや遅いハゼ釣行となりました。
2018年2回めのハゼの穴釣り【2018年年始シーズンラストのハゼ釣り】
2018年2回めのハゼの穴釣りですが、今回で年始シーズンのハゼ釣りもラストになります。 次のハゼ釣りは夏ハゼになりますね〜
2018年夏シーズンハゼ釣り開幕!6月も初日から!!
2018年の夏ハゼ釣りがいよいよ始まりました。今年はどんなハゼ釣りになるのか。まだ、6月に入ったばかりですが、大井ふ頭中央海浜公園の主なハゼ釣り場の偵察に行ってきました。
2018年2回目のハゼ釣り【大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯】
2018年2回目のハゼ釣りに行ってきました。まだ6月入って間もないのでハゼも小粒ですが、数はいるので今後に期待したいところ。
2018年3回目のハゼ釣りはヒネハゼを求めて
2018年度夏シーズン3回目のハゼ釣りに行ってきました。雨天予報の中、ハゼ釣り人はいないから好きなポイントでできるだろうと、ヒネハゼポイントでのハゼ釣行。
2018年4回目のハゼ釣りはハゼ人生最短の釣行
2018年夏シーズン4回目のハゼ釣りに行きました。ある理由により今までで最短のハゼ釣り時間になりました。
2018年5回目のハゼ釣り【大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯】
2018年度夏シーズン5回目のハゼ釣りに行ってきました。7月に入ったからもっと釣れると思ってたんだけど・・・
2018年6回目のハゼ釣りはミステイクだらけ
2018年度夏シーズン6回目のハゼ釣りに行ってきました。んが!もうミスばかりで、ど〜しようもないハゼ釣りになってしまいました。
2018年7回目のハゼ釣りはアタリ日だった
2018年夏シーズン7回目のハゼ釣りに行ってきました。本日はシーズンに数回あるかないかのハゼ釣りのアタリ日でした。
2018年8回目のハゼ釣りは鬼の厳しさ!
2018年夏シーズン8回目のハゼ釣りに行ってきました。ハゼの数釣りのシーズンなのに激渋でした。
2018年9回目のハゼ釣りはアタリの日
2018年度夏シーズン9回目のハゼ釣りに行ってきました。台風一過でハゼが釣れるか釣れないかのカケになる日でしたが、アタリでした!
2018年10回目のハゼ釣りは大きく空振り
2018年度夏シーズン10回目のハゼ釣りに行ってきました。台風一過でやっと京浜運河の水質も改善したのですが・・・
2018年11回目のハゼ釣りはもう秋の気配
2018年度夏シーズン11回目のハゼ釣りに行ってきました。お盆も過ぎると残暑どころか秋っぽくなって水も冷たいハゼ釣りになりました。
2018年12回目のハゼ釣りは夕まずめ狙い
2018年夏シーズン12回目のハゼ釣りは夕まずめに行ってみました。んがしかし、渋いハゼ釣りになってしまいました。
2018年13回目のハゼ釣りはちょっと方向を変えて
2018年度夏シーズン13回目のハゼ釣りは、いつもの現場ではなく多摩川本流に行ってみました。以前はハゼ釣りのメッカだったのですが今年はどうでしょうか?
2018年14回目のハゼ釣りは引き続き多摩川本流の羽田にて
2018年14回目のハゼ釣りは先週に引き続き、多摩川の羽田でした。ちょっと心配していたのですが、やっぱりでした。
2018年15回目のハゼ釣りは今シーズン一番釣れた!
2018年夏シーズン15回めのハゼ釣りに行ってきました。本日も最近通っている多摩川羽田での釣行ですが、今シーズンで一番のハゼ釣果となりました。
2018年16回目のハゼ釣りも数釣りを目指して
2018年度夏シーズン16回めのハゼ釣りも数釣りを求めて多摩川羽田に行ってきました。夏日和で暑かったから少々バテましたが、ハゼの数は何とか釣れました。
2018年17回目のハゼ釣りはラスト大井ふ頭中央海浜公園【玉砕編】
2018年17回めのハゼ釣りに行ってきました。そろそろ大井ふ頭中央海浜公園のハゼ釣りも終了なのでラスト!とばかりに行ってみたのですが・・・
2018年18回目のハゼ釣りは二部構成【秘密の花園→森ヶ崎海岸公園】
2018年18回目のハゼ釣りは釣り場をハシゴしてきました。穴釣り場は全然ダメでしたが、プチ穴釣り場は調子が良かったです。
2018年19回目のハゼ釣りは台風前に勝負!
2018年19回目のハゼ釣りは台風が来る前に行ってきました。通常ならこんな天気に無理してハゼを釣りに行かないのですが、ある理由がありまして・・・
2018年20回めのハゼ釣りは午後に出撃!
2018年度の20回めのハゼ釣りに行ってきました。土曜の午後、仕事があがってからのハゼ釣りですが、またまた台風の影響で・・・
2018年21回めのハゼ釣り【森ヶ崎海岸公園】
2018年21回めのハゼ釣りは森ヶ崎海岸公園に行ってきました。心配だった強風はやっぱり吹いていて、ハゼのアタリがとりづらいのなんの・・・
2018年22回めのハゼ釣りはやっぱり3連チャン
2018年22回めのハゼ釣りに行ってきました。連休だったのですが、やっぱりハゼ釣りばかりで過ごすハメに・・・
2018年23回めのハゼ釣りは穴釣り一歩手前
2018年23回めのハゼ釣りに行ってきました。夏ハゼでもない、冬の穴釣りでもない微妙なこの時期はハゼの釣れ具合も微妙でした。
2018年24回めのハゼ釣り【多摩川本流-羽田付近】
2018年24回めのハゼ釣りは多摩川の羽田に行ってきました。条件的には良さそうだったんだけどね・・・
2018年25回めのハゼ釣りは本格的に穴狙い
2018年25回めのハゼ釣りに行ってきました。数釣りはもう期待できないので、本格的に穴釣りでのハゼ釣行となりました。
2018年26回めのハゼ釣りは地獄と天国
2018年26回めのハゼ釣りに行ってきました。釣り始めは玉砕しましたが、粘りのハゼ釣りで何とか良い思いができました。
2018年27回めのハゼ釣りは穴史上最多に釣れた!
2018年27回めのハゼ釣りに行ってきました。サイズはともかく今までのハゼの穴釣りで最多に釣れました。
2018年28回目のハゼ釣りはいつもの穴釣りでシーズン最大
2018年度28回目のハゼ釣りに行ってきました。いつもの釣り場でのハゼの穴釣りですが、今シーズン最大サイズ更新となりました。
2018年29回目のハゼ釣り『釣りって奥深いな・・・』
2018年29回目のハゼ釣りに行ってきました。いつものように秘密の花園のでのハゼの穴釣りですが、今日は久しぶりに考えさせられました。
2018年30回めのハゼ釣りは今シーズン最大サイズ更新
2018年度30回めのハゼ釣りに行ってきました。数的にはイマイチだったんだけど、今シーズン最大サイズのハゼが釣れたので良しとしましょう!
2018年31回めのハゼ穴釣り【新しい仕掛けにて…】
2018年度31回めのハゼ釣りは、ハゼの穴釣り用の新しい仕掛けでの釣行となりました。根掛かり対策だったのですが、目的は達成したものの…
2018年32回めのハゼ釣り『もう本格的な穴釣りなご様子』
2018年32回めのハゼの釣りに行ってきました。釣果といい水の冷たさといい、本格的なハゼの穴釣りの季節到来です。
2018年33回めのハゼ釣りは何だかな〜
2018年33回めのハゼ釣りに行ってきました。本日は箸にも棒にも掛からないようなハゼの穴釣りになって、特筆すべき事はないんですが…
2018年34回めのハゼ釣りはもうちょっと届かない
2018年度34回めのハゼの穴釣りに行ってきました。ハゼの数はあがらなかったけど、サイズ目標までもうちょっと…このもうちょっとが遠いんだな。
2018年35回めのハゼ釣りは潮風に誘われて…
2018年度35回めのハゼ釣りに行ってきました。呑んだくれた翌日なので朝は起きれず…午後からのハゼ釣り出撃となりました。
2018年36回めのハゼ釣りはついにイったか!?
2018年度36回めのハゼ釣りに行ってきました。厳冬の東京湾にしつこく通った甲斐あって、ついに20cmのマハゼが!
2018年37回めのハゼ釣りは連続でイッたカモ…
2018年度37回目のハゼの穴釣りに行ってきました。今年もあと僅かになったのでしつこくハゼ釣りに行きますが、数は上がらないけどハゼのサイズは良くなってます。
2018年38回目のハゼ釣りはそんなに甘くない!?
2018年度の38回目のハゼの穴釣りに行ってきました。2週連続で20cmが釣れたから「今日も良型ハゼ釣れんじゃね?」と思ってたんだけど、そんなに甘くないですな!
2018年度40回目のハゼ釣りはラストハゼ
いよいよ2018年度のハゼ釣りもラストとなりました。長かったようなあっという間だったような…のハゼ釣りでした。