2018年 ハゼ釣り 穴釣り 東京

2018年31回めのハゼ穴釣り【新しい仕掛けにて…】

2018年31回めのハゼの穴釣りは新たな仕掛けにチャレンジ

2018年11月18日。
2018年31回目のハゼ釣りに行ってきました。

 

釣り場:秘密の花園(KL−1)
※「秘密の花園」という釣り場は諸事情により場所は明かせません。
申し訳ないです。
天気:晴れ
釣行時間:8時00分(潮位:77cm干潮)〜12時00分くらい(潮位:156cm上げ8分)若潮
釣果:マハゼ16匹(15cm〜18.5cm)

 

 

竿:1.5m 道糸:ナイロン1.5号 ハリス:ナイロン1号 ハリ:袖4号スレ 
オモリ:ワームシンカータングステン1/8オンス(1号相当の重さ)
エサ:アオイソメ
ハリス3cmの穴釣り仕掛け

 

 

 

何をこだわっていたのか、今までは夏のハゼ釣りの勢いそのままに、穴釣りでも同じ胴付き仕掛けを使っていた。

 

まぁ、この仕掛で釣れないわけじゃないからという理由もあるが、何よりも一番の理由はオモリだろう。

 

 

オッサンは自作のFe(鉄)オモリを使っている。

 

環境に悪影響と言われる鉛オモリではなく、土壌の重要な成分である酸化鉄に分解される鉄オモリを愛用している。

 

オッサンが使うオモリの量なんてたかが知れてるけど、それでもオッサンの分だけでも環境負荷が軽減されれば、という気持ちで使っていた。

 

しかし、ハゼの穴釣りで使うにはかなり問題がある。

 

 

ご存知の通り、穴釣りは岩と岩の隙間の小さな穴に仕掛けを落とす釣法。

 

その穴もツルンとした穴ではなく、貝やら海藻やらが付いてるもんだから引っ掛かりやすい。

 

胴付き仕掛けはオモリが一番下に来るもんだから、根掛かり率は格段にアップする。

 

毎回、穴釣りでは5〜6回の根掛かりロストは当たり前。

 

だもんで環境負荷が少ない鉄オモリを使ってはいたんだけど、さすがに毎回毎回仕掛けを作るのももう飽きた。

 

 

「そんなの当たり前じゃん!今頃何いってんの!?」
というご意見、ごもっともでございやす。

 

という訳で、一大決心をして普通の穴釣り仕掛けを使ってみようと思ったわけでございやす。

 

 

普通の穴釣り仕掛けとは、中通しオモリを使って道糸からハリスまでが一直線になる仕掛けで、極力根掛かりしないようなカタチのもの。

 

オッサンが通っているハゼの穴釣り場『秘密の花園』でも一般的に使われていて、オッサンみたいな胴突き仕掛けなんて使ってる奴はいない。

 

 

しかし、いくら根掛かりしにくい穴釣り仕掛けでも根掛かりロストもするわけで、自然の負荷にならないような何か良いものはないもんかと近所の釣具屋へ行った時のこと。

 

普通のオモリコーナーでは鉛のものばかりで「なんだかな〜…」とくすぶりながら店内をウロついてたら、ルアーコーナーに目が止まった。

 

いろんな材質・形状のオモリ(ルアーな人たちは「シンカー」と呼ぶらしい)が並んでいて、見ていて楽しかった。

 

中でも気になったのが、タングステン(以下「TG」)のシンカーで、ルアーの世界ではこのTGシンカーの需要が増えているようだ。

 

何よりもTGは、環境への負荷がほとんどないと言われている材質。

 

これならいいんじゃね?とオッサン。

 

 

もちろんTGシンカーの存在は知ってました。

 

タイラバやらイカ釣りやらで誰よりも早く落とすと有利な釣り物に使われているそうだが、なにぶんTGはレアメタルなもんでとにかく高価。

 

だが釣り人とは、釣れるとあれば金に糸目を付けない人種なので需要もあるんだろう。

 

 

 

今までは全く眼中になかったのですが、必要に迫られてるもんでジロジロと物色する。

 

気になったのがバレット型(銃弾型)のシンカー。

 

根掛かりってほぼ100%上にあげた時に発生するから、上がなだらかなカタチならスルン!と抜けるのでは?

 

更に同じ1号相当の重さなら、比重が重い分鉛よりもTGの方が小さく作れるから根掛かり率も低いはずだ。

 

これならいいかな?と手にとったが気になるのがやはりお値段。

 

鉛オモリの1号に近い約3.5gのTGバレットシンカーが5つ入って520円(税抜)ナリ〜!

 

ひぇ〜!高い!!

 

一度手にとったソレをそっと陳列棚に戻し、気分を落ち着かせるために店内を一周する。

 

 

「果たして買うべきものなのか…本当に必要なのか…貴重なレアメタルであるタングステンを、たかがハゼ釣りで使うというのも如何なもんでゲショ?」とくすぶるオッサン。

 

 

もう一度手に取り「もう根掛かりしないと考えれば安いものじゃん!」と自分に言い聞かせて握りしめ、心変わりしないうちにダッシュで店の外に出た。

 

否、それだと万引きになってしまうのでレジに急いだ。

今回の穴釣り仕掛け

いつものように前置きだけは長くて申し訳ないです。

 

という訳で仕掛けを一新した次第です。

 

 

今回作ったバレット型のTGシンカーを使った穴釣り仕掛け。

まぁ、何の変哲もないですが…

 

TGシンカーと小さめのステンサルカン。もちろん何度も使い廻す所存でございやす!

 

各種オモリの比較(全て1号相当の重さです)

 

左から普通のナスオモリ、中通しオモリ、TGシンカー、自作の鉄オモリ。

こう見ると自作オモリが如何に根掛かりしやすいかよく分かる

 

シンカーとサルカンの間には、クッションの役目をする夜光玉を入れました。

 

別に夜光玉である必要はないけど、なんかちょうど良いサイズだったもんで。

自宅にあったから使ってみただけ

 

TGシンカーから5cmほど上にオモリ止めでカミツブシを付けてます。
(これが現場で面倒のタネになったんだけど…)

 

 

 

 

んでやっとハゼ釣り現場です。

 

今朝は上げ潮狙いでやってきたのですが、若潮だから潮の動きは悪いだろうな…

天気は良いし風も無いから釣りやすいが、潮がね〜

 

いよいよ穴釣り仕掛けの実釣開始!

初めての仕掛けってドキドキするよね

根掛かりロストなしで終了だったハズだけど…

いざ実釣開始!

 

 

昨日買ってきた”新鮮な”イソメを長めに付けてスルスルと仕掛けを落とす。

 

すぐにアタリあり!
もちろんカニのアタリだ。

 

でもカニがいるということはマハゼもいるかもしれないので、地道にカニを排除してゆく。

 

アタリからしてカニと分かるんだけど、じっくり喰わせて、一度にカニが何匹もくっついてくる”カニ団子”状態になるまで待ってから竿を上げる。

 

もちろん、カニだけで終わる穴も多いんだけど、ここで諦めるとマハゼなんて釣れないからとにかくカニを釣り上げる。

 

 

こんな調子でカニ釣りをしていると、3つ目の穴でマハゼのゆっくりと引き込むアタリが来た!

 

しかし、長めに喰わせていても、アワセのタイミングとなる大きく引き込むアタリが来ない。

 

我慢できずにアワセても空振りばかり。

 

ムムム、今日はこんな喰いか…

 

まぁ、これも本格的な穴釣りの季節になってる証拠で、バクッ!とこないで小さくカジカジしてくる喰い方。

 

この対策として、ハリ掛かりしやすいようにエサを小さくすると逆効果で却って喰ってこなくなる。

 

この場合はエサを長くではなく、細めのイソメを二本付けするとバクッ!と来ることが多いです。

 

尻尾の方を二本掛けすると、案の定、大きく引っ張ってきた!

本日の一匹目。16cmってところか

 

今日はこんな喰い方なので、ハゼのアタリを確認した後にイソメを複数付けて勝負するという作戦。

 

 

でも単発の穴が多くて、複数ハゼが上がってくる穴でも2連続まで。

 

ポツリポツリと拾ってゆくしかない。

 

 

仕掛けを変えたから小さな穴にもスルスルと入っていって気持ちが良い。

 

ただ、根掛かりも無いわけでもなくて、胴突き仕掛けよりは全然マシではあるんだけど時々引っかかる。

 

大体がハリが掛かっていて、グイ!と引っ張るとハリスが切れて高価なTGシンカーは無事に上がってきてホッ!っとする。

 

But、そうでもない時もある。

 

その原因はTGシンカーの上にオモリ止めとして付けているカミツブシ。

 

コイツがどういう訳か岩の小さな隙間に引っかかることがある。

 

コイツは危ない!

 

こんなカミツブシごときのせいで、一つ104円(税抜)のオモリが無くなってはたまらないので、外そうとしたんだけど取れないから竿先の方までズラして事なきを得た。

 

ただ、こんな上に小さいとは言えオモリがあると釣りづらいもんで、次はコイツは付けないようにしようと心に決めたオッサンなのでした。

 

 

ハゼの穴釣りも終盤になり、ほとんど釣れなくなった。

 

今日はもう終わりだな。

 

TGシンカーも岩に当たりまくって塗装が剥がれていたが、さすがTGは高硬度なのでほとんど傷らしきものも見当たらず。

 

さすがレアメタルと思ってたら、ある穴で大きめのアタリあり!

 

その穴は道糸が全て入ってゆくくらいの深い穴。

 

こういう深い穴でアタルということは大型の可能性あり!

 

ゆっくりと上げ下げする落とし込み釣法で探っていたら、いきなりグン!と竿先が持っていかれ一気に根掛かりみたくなった。

 

もしや20cmオーバー来たか!?

 

竿はピクリともしない。

 

きっと大型ハゼが穴で踏ん張っているのでは…

 

 

道糸を緩めて長期戦を覚悟する。

 

数分緩めた後にそ〜っとテンションを掛けるが、さっきと同じで全く動かない。

 

だめだ!これは根掛かりだ…

 

しかし問題は道糸で引っ掛かっている事。

 

つまりこのままではTGシンカーロストの可能性が大きい。

 

しばらくいろいろな方向に引っ張ってみるが全く外れる気配なし!

 

最後の望みで力づくで道糸をグ〜と引っ張るとプチン!と切れた。

 

TGシンカーは海に帰っていきましたとさ。

 

 

ガックリ…

 

最後の最後で痛恨のシンカーロスト…

 

 

たぶん犯人は鰻ですね。

 

掛かってきた穴の深さとあの強引な引っ張りはハゼのものではないと思います。

 

 

高価なTGシンカーは一日目でサヨナラでしたが、仕掛けチェンジ作戦は成功だったと思います。

 

やっぱり”郷に入っては郷に従え”で、その釣り場における適切な仕掛けでの釣行は、気分良く釣りをするためには必要だと改めて痛感しました。

 

 

今日は初めての仕掛けだったし、お日柄も良かったので4時間もやってしまいました。

 

4時間で16匹とこの時期にしては数は上がりました。

ハリを飲まれたハゼは昇天してしまいました

 

本日最大18.5cm

 

次点17.5cm

 

17cm

 

 

今年は暖かいからハゼの穴釣りも長く楽しめるかもしれない、と今から期待しているオッサンなのでした。

 

 

 

次の記事>>>「2018年32回めのハゼ釣り『もう本格的な穴釣りなご様子』」へ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク


2018年31回めのハゼ穴釣り【新しい仕掛けにて…】関連ページ

2018年最初のハゼの穴釣りは具合が悪い中・・・
2018年も最初のハゼの穴釣りに行ってまいりました。もう少し早く行く予定でしたが、体調不良でやや遅いハゼ釣行となりました。
2018年2回めのハゼの穴釣り【2018年年始シーズンラストのハゼ釣り】
2018年2回めのハゼの穴釣りですが、今回で年始シーズンのハゼ釣りもラストになります。 次のハゼ釣りは夏ハゼになりますね〜
2018年夏シーズンハゼ釣り開幕!6月も初日から!!
2018年の夏ハゼ釣りがいよいよ始まりました。今年はどんなハゼ釣りになるのか。まだ、6月に入ったばかりですが、大井ふ頭中央海浜公園の主なハゼ釣り場の偵察に行ってきました。
2018年2回目のハゼ釣り【大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯】
2018年2回目のハゼ釣りに行ってきました。まだ6月入って間もないのでハゼも小粒ですが、数はいるので今後に期待したいところ。
2018年3回目のハゼ釣りはヒネハゼを求めて
2018年度夏シーズン3回目のハゼ釣りに行ってきました。雨天予報の中、ハゼ釣り人はいないから好きなポイントでできるだろうと、ヒネハゼポイントでのハゼ釣行。
2018年4回目のハゼ釣りはハゼ人生最短の釣行
2018年夏シーズン4回目のハゼ釣りに行きました。ある理由により今までで最短のハゼ釣り時間になりました。
2018年5回目のハゼ釣り【大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯】
2018年度夏シーズン5回目のハゼ釣りに行ってきました。7月に入ったからもっと釣れると思ってたんだけど・・・
2018年6回目のハゼ釣りはミステイクだらけ
2018年度夏シーズン6回目のハゼ釣りに行ってきました。んが!もうミスばかりで、ど〜しようもないハゼ釣りになってしまいました。
2018年7回目のハゼ釣りはアタリ日だった
2018年夏シーズン7回目のハゼ釣りに行ってきました。本日はシーズンに数回あるかないかのハゼ釣りのアタリ日でした。
2018年8回目のハゼ釣りは鬼の厳しさ!
2018年夏シーズン8回目のハゼ釣りに行ってきました。ハゼの数釣りのシーズンなのに激渋でした。
2018年9回目のハゼ釣りはアタリの日
2018年度夏シーズン9回目のハゼ釣りに行ってきました。台風一過でハゼが釣れるか釣れないかのカケになる日でしたが、アタリでした!
2018年10回目のハゼ釣りは大きく空振り
2018年度夏シーズン10回目のハゼ釣りに行ってきました。台風一過でやっと京浜運河の水質も改善したのですが・・・
2018年11回目のハゼ釣りはもう秋の気配
2018年度夏シーズン11回目のハゼ釣りに行ってきました。お盆も過ぎると残暑どころか秋っぽくなって水も冷たいハゼ釣りになりました。
2018年12回目のハゼ釣りは夕まずめ狙い
2018年夏シーズン12回目のハゼ釣りは夕まずめに行ってみました。んがしかし、渋いハゼ釣りになってしまいました。
2018年13回目のハゼ釣りはちょっと方向を変えて
2018年度夏シーズン13回目のハゼ釣りは、いつもの現場ではなく多摩川本流に行ってみました。以前はハゼ釣りのメッカだったのですが今年はどうでしょうか?
2018年14回目のハゼ釣りは引き続き多摩川本流の羽田にて
2018年14回目のハゼ釣りは先週に引き続き、多摩川の羽田でした。ちょっと心配していたのですが、やっぱりでした。
2018年15回目のハゼ釣りは今シーズン一番釣れた!
2018年夏シーズン15回めのハゼ釣りに行ってきました。本日も最近通っている多摩川羽田での釣行ですが、今シーズンで一番のハゼ釣果となりました。
2018年16回目のハゼ釣りも数釣りを目指して
2018年度夏シーズン16回めのハゼ釣りも数釣りを求めて多摩川羽田に行ってきました。夏日和で暑かったから少々バテましたが、ハゼの数は何とか釣れました。
2018年17回目のハゼ釣りはラスト大井ふ頭中央海浜公園【玉砕編】
2018年17回めのハゼ釣りに行ってきました。そろそろ大井ふ頭中央海浜公園のハゼ釣りも終了なのでラスト!とばかりに行ってみたのですが・・・
2018年18回目のハゼ釣りは二部構成【秘密の花園→森ヶ崎海岸公園】
2018年18回目のハゼ釣りは釣り場をハシゴしてきました。穴釣り場は全然ダメでしたが、プチ穴釣り場は調子が良かったです。
2018年19回目のハゼ釣りは台風前に勝負!
2018年19回目のハゼ釣りは台風が来る前に行ってきました。通常ならこんな天気に無理してハゼを釣りに行かないのですが、ある理由がありまして・・・
2018年20回めのハゼ釣りは午後に出撃!
2018年度の20回めのハゼ釣りに行ってきました。土曜の午後、仕事があがってからのハゼ釣りですが、またまた台風の影響で・・・
2018年21回めのハゼ釣り【森ヶ崎海岸公園】
2018年21回めのハゼ釣りは森ヶ崎海岸公園に行ってきました。心配だった強風はやっぱり吹いていて、ハゼのアタリがとりづらいのなんの・・・
2018年22回めのハゼ釣りはやっぱり3連チャン
2018年22回めのハゼ釣りに行ってきました。連休だったのですが、やっぱりハゼ釣りばかりで過ごすハメに・・・
2018年23回めのハゼ釣りは穴釣り一歩手前
2018年23回めのハゼ釣りに行ってきました。夏ハゼでもない、冬の穴釣りでもない微妙なこの時期はハゼの釣れ具合も微妙でした。
2018年24回めのハゼ釣り【多摩川本流-羽田付近】
2018年24回めのハゼ釣りは多摩川の羽田に行ってきました。条件的には良さそうだったんだけどね・・・
2018年25回めのハゼ釣りは本格的に穴狙い
2018年25回めのハゼ釣りに行ってきました。数釣りはもう期待できないので、本格的に穴釣りでのハゼ釣行となりました。
2018年26回めのハゼ釣りは地獄と天国
2018年26回めのハゼ釣りに行ってきました。釣り始めは玉砕しましたが、粘りのハゼ釣りで何とか良い思いができました。
2018年27回めのハゼ釣りは穴史上最多に釣れた!
2018年27回めのハゼ釣りに行ってきました。サイズはともかく今までのハゼの穴釣りで最多に釣れました。
2018年28回目のハゼ釣りはいつもの穴釣りでシーズン最大
2018年度28回目のハゼ釣りに行ってきました。いつもの釣り場でのハゼの穴釣りですが、今シーズン最大サイズ更新となりました。
2018年29回目のハゼ釣り『釣りって奥深いな・・・』
2018年29回目のハゼ釣りに行ってきました。いつものように秘密の花園のでのハゼの穴釣りですが、今日は久しぶりに考えさせられました。
2018年30回めのハゼ釣りは今シーズン最大サイズ更新
2018年度30回めのハゼ釣りに行ってきました。数的にはイマイチだったんだけど、今シーズン最大サイズのハゼが釣れたので良しとしましょう!
2018年32回めのハゼ釣り『もう本格的な穴釣りなご様子』
2018年32回めのハゼの釣りに行ってきました。釣果といい水の冷たさといい、本格的なハゼの穴釣りの季節到来です。