2018年 ハゼ釣り 穴釣り 東京

2018年29回目のハゼ釣り『釣りって奥深いな・・・』

2018年29回目のハゼの穴釣りは迷宮に迷い込む

2018年11月4日。
2018年29回目のハゼ釣りに行ってきました。

 

釣り場:秘密の花園(KL−1)
※「秘密の花園」という釣り場は諸事情により場所は明かせません。
申し訳ないです。
天気:曇りのち雨
釣行時間:10時00分(潮位:75cm上げ2分)〜13時00分くらい(潮位:155cm上げ7分)中潮
釣果:マハゼ8匹(14cm〜18cm)

 

 

竿:1.5m 道糸:ナイロン1.5号 ハリス:ナイロン1号 ハリ:袖4号スレ 
オモリ:自作Fe(鉄)オモリ。1号相当の重さ エサ:アオイソメ
ハリス3cmの胴付ミャク釣り仕掛け

 

 

たぶんオッサンは普通の人よりはハゼ釣りに行ってると思う。

 

その時、その状況によって”どうやったらより釣れるのか?”を今までの経験と知識をフル活用して対処し、一匹一匹釣り上げてゆく。

 

手前味噌なんだけど、たぶんオッサンは普通の人よりはハゼを釣る方だと思う。

 

っということは、状況による対処がある程度は上手くいってるということでもあると思う。

 

 

しかし、今日はどうにも分からなくなってしまった。

 

どうやったら良いのか?どうやったら釣れるのか?

 

考えれば考えるほど迷宮に迷い込んでしまったのだ。

 

 

 

いつものように休日はハゼ釣りだ。

 

いや、ハゼ釣りに行ってる場合じゃないとは思うんだけど、もっと有意義な過ごし方も思いつかないんもんだから、ハゼ釣りの通常営業になる。

 

オッサンが住んでいる地域は臨海部が近い地域で、自転車圏内に海の陸っぱりの釣り場が結構あります。

 

「釣りをするには恵まれた場所だよな〜」とつくづく思うが、そもそもこんな場所に住んでなければ釣りすらもやってないだろうとも思う。

 

 

いつものハゼの穴釣り場『秘密の花園』に到着すると、有意義な過ごし方を忘れた釣り人達がいた。

 

なんでか知らないが、今シーズンはこの釣り場に結構釣り人がいて困惑する。

 

確かに今年は数もサイズも良いので噂が噂を呼んでいるのかもしれない。

 

釣り人の噂ってアナログなくせに伝達スピードはギガビット級に早いので、”ある場所で釣れる”という情報はすぐに広まる。

 

 

しかし、この現象も今の時期だけだろうとも思う。

 

この釣り場のNo1釣り師「穴師匠」も言ってたけど、「噂を聞きつけて一度は来るんだけど、そんな簡単には釣れないからすぐに来なくなるんだよね〜」

 

ハゼの穴釣りは夏とは違い、釣り糸を垂れればポンポン釣れるほど甘くはない。

 

 

今はまだマシでまだ釣れる時期だけど、その内に寒くなるわ、数も上がらなくなるわで厳しくなる。

 

そうなればこの釣り場もいつもの落ち着きを取り戻すのだろう。

潮の濁りとヤジオヤジ

現場に到着するが、暖かかった昨日とは違って寒々しい空模様だし、なぜか潮が濁っていてハゼがいる穴がよく見えない。

なんでこんなに濁ってるの?

 

なんでだろ?と思ってたら、その原因が遠くの方から近づいてきた。

 

犯人はウェイクボードのボート。

 

ボートが通過する度に波が立って海底の砂を巻き上げて潮が濁るのだ。

 

ここらへんは運河だから船が通過するのはしょうがないが、このボートは通過ではなくて何度も往復するから迷惑。釣り人の敵である。

 

 

アララ来ちゃってるのか、まぁ彼らも商売なんだから・・・と気持ちを切り替えるが、隣のオヤジは我慢できずにボートに向かって怒鳴る。

 

「あっちでやれぇぇぇ〜!」

 

よく分かります、その怒鳴りたい気持ち。

 

だがそんな声はボートのエンジン音にかき消されて届いてないだろう。

 

 

ウェイクボーダーが転ぶとボートもストップし旋回して沈した奴を迎えに行くんだけど、その時はエンジンも静かになる。

 

ちょうどそのオヤジの目の前で沈して静かになった。

 

”ホレ!今なら声が届くぞ!”とオッサンはウキウキしながらそのオヤジがどうするか見てたんだけど、オヤジは黙ったままで何も言わない。

 

まぁこんなもんっしょ!

 

国会のヤジと一緒で、自分が言ってるのがバレないとタカをくくってるから怒鳴ってるだけで、いざとなったらだんまりだ。

 

オッサンも人のことは言えないが、こんな所でハゼを釣ってる奴なんて人間的にチッポケだろうて。

 

 

 

そんなオヤジは無視して釣りの準備を始める。

 

エサのアオイソメはこちらへ向かう途中の街の釣具屋で買ってきた。

 

昨日はエサ切れで納竿になったから、今日はそうならないように多めに仕入れた。

値段は少し高いけどタップリ入ってる

 

あと昨日ビクのヒモが切れて、危うくハゼが入ったままビクごと海に奉納するところだったので、頑丈なロープで補修してきた。

このビクもずいぶん長く使ってきたな〜

 

岩の穴がよく見えないんだけど、薄っすらと黒っぽくなってるのが穴らしいのでそんな感じのポイントに仕掛けを落としてゆく。

 

スルスルと落ちていってくれればいいが、見当違いなところに落としていたりもする。

 

穴にビンゴな場合でも、まず最初のアタリはコツコツ系のカニのアタリだ。

 

カニを排除しないとマハゼが喰ってこないことが多いから、しばらくカニに喰わせておいて、ゆっくりと上げると3〜5匹くらいイソメに喰らいついてるカニ団子状態で上がってくる。

 

コレを何度か繰り返してカニが少なくなってくると、遠慮深いマハゼがやっとイソメを喰ってくるという感じ。

 

 

しかしカニを排除したらそのまま音沙汰なしという事もある、というよりはカニを釣っておしまいな穴のほうが遥かに多い。

 

 

開始30分程カニ釣りにいそしんでいたが、やっとマハゼのアタリが来た。

 

クンクン!と数cm竿を曲げてくるゆっくりとしたアタリは間違いなくマハゼのものだ。

 

一応一匹目なので慎重にゆっくり喰わせることにする。

 

きゃつもなかなか大きく喰い込まないで、いつまでもクンクン!と味見程度の引きしかみせない。

 

しかし、我慢できずにやっと喰い込んだらしい、グ〜〜ンっと必要以上に大きく竿を下げてきた。

 

もうここまで引くとこちらでアワセを入れなくても、向こうアワセでハリ掛かりする。

 

なかなかの重量感で上がってきた本日の一匹目は引きの割には小さい15cmクラス。

もうちょっと良いサイズを期待した重量感だったけど・・・

 

この穴はコレ一匹で終了。

 

お隣りの穴に落とすと珍しくすぐにハゼのアタリが!

 

でも小さいな・・・というアタリで今度は早めにアワセを入れると予想外の横走り。

 

竿をしならせて上がってきたのは、本日最大の18cmのマハゼだった。

お〜!大型が上がってきた!

 

同じ穴からもう一匹上がってきたけど、やっぱり一匹目の方が大きくて穴の世界では大きい奴から喰ってくるという順番になってるらしい。

ハゼが抜ける原因はなんでだろ・・・

そのうち雨が降ってきて、風も強くなってきた。

 

風が吹くと波が立つので余計にハゼの穴が見えなくなってくる。

雨と風のダブルパンチ!

 

ひゃ〜厳しいなぁ。

 

一人また一人と釣り人が帰ってゆく。

 

しかし、あきらめの悪い釣り人がオッサンともうひとり、H氏である。

 

H氏はついさっき来たので、この程度の小雨で帰るわけにもいかず粘っている。

 

オッサンも負けじと居座る。

 

 

しかし、この頃からオッサンの釣りがズレてくる。

 

目が慣れてきたせいか穴は見えている。

 

なので正確に穴に落とせるんだけど、問題はその後である。

 

マハゼのアタリがあり、いつものタイミングでアワセても一瞬ハリ掛かりするんだけどスッポ抜ける。

 

もしくは水面まで上がってくるんだけど、そこでスッポ抜ける。

 

負けじと落とし込み釣法でゆっくり落としてアタらせ、良いタイミングでアワセてもスッポ抜ける。

 

これらが多発した。

 

 

どう考えてもおかしい。

 

タイミング的には掛かるハズだし、現に一瞬だけど掛かっている。

 

エサの端っこを咥えているだけの感じではなく、明らかにハリに掛かっているハズ。

 

でもスッポ抜けるのだ。

 

エサの長さ、ハリへの通し方、アワセの強さ大きさなどをいろいろと変えたりしたけど、とにかく抜ける。

 

釣り上げた数よりもスッポ抜けて逃したハゼの方が多い。

 

当然、ハリ掛かりしてから逃したハゼはもう喰ってこないので、次のチャンスはもうない。

 

 

いくら考えてもこの原因が分からない。

 

さっきまでは釣れてたのに・・・

 

 

 

こんな事を繰り返している内に風と雨で身体も冷えてきたし、アタリも遠のいたので納竿にしました。

 

持ってきたランチをパクつきながら考えるがまとまらず・・・

以前とパッケージが変わったような気がするが、味は同じだった。
「悪魔的なうまさ」と豪語するほどのものでもないが美味しいよ!

 

H氏にその疑問を投げかけると「そりゃ〜、スレバリ使ってるんだもん落ちるでしょ!」と軽く返された。

 

確かにカエシが無いからハズレやすいとは思うけど、あれほど連続して抜けるなんて事があるのかな?

 

原因は必ずあるはずなんだけど、いくら考えても答えが見いだせないオッサン。

 

 

まだまだオッサンも尻が青いようで、分からないことだらけなのでした。

 

でも、だからこそ次はなんとかしようと考える。

 

コレこそが釣りのおかしみなんだろう。

 

 

 

3時間で8匹と数はイマイチでしたが、18cmが2匹、17.5cmが1匹とサイズ的には楽しめました。

数は少ないけど、コレくらいが例年の穴釣りの釣果だったりする

 

18cm

 

18cm

 

17.5cm

 

スレバリじゃなくてカエシのあるハリを使えばゲット出来たハゼもいたと思うけど、釣るだけが目的じゃないから今後もスレを使い続けると思います。

 

これでいいのだ!

 

 

 

次の記事>>>「2018年30回めのハゼ釣りは今シーズン最大サイズ更新」へ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク


2018年29回目のハゼ釣り『釣りって奥深いな・・・』関連ページ

2018年最初のハゼの穴釣りは具合が悪い中・・・
2018年も最初のハゼの穴釣りに行ってまいりました。もう少し早く行く予定でしたが、体調不良でやや遅いハゼ釣行となりました。
2018年2回めのハゼの穴釣り【2018年年始シーズンラストのハゼ釣り】
2018年2回めのハゼの穴釣りですが、今回で年始シーズンのハゼ釣りもラストになります。 次のハゼ釣りは夏ハゼになりますね〜
2018年夏シーズンハゼ釣り開幕!6月も初日から!!
2018年の夏ハゼ釣りがいよいよ始まりました。今年はどんなハゼ釣りになるのか。まだ、6月に入ったばかりですが、大井ふ頭中央海浜公園の主なハゼ釣り場の偵察に行ってきました。
2018年2回目のハゼ釣り【大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯】
2018年2回目のハゼ釣りに行ってきました。まだ6月入って間もないのでハゼも小粒ですが、数はいるので今後に期待したいところ。
2018年3回目のハゼ釣りはヒネハゼを求めて
2018年度夏シーズン3回目のハゼ釣りに行ってきました。雨天予報の中、ハゼ釣り人はいないから好きなポイントでできるだろうと、ヒネハゼポイントでのハゼ釣行。
2018年4回目のハゼ釣りはハゼ人生最短の釣行
2018年夏シーズン4回目のハゼ釣りに行きました。ある理由により今までで最短のハゼ釣り時間になりました。
2018年5回目のハゼ釣り【大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯】
2018年度夏シーズン5回目のハゼ釣りに行ってきました。7月に入ったからもっと釣れると思ってたんだけど・・・
2018年6回目のハゼ釣りはミステイクだらけ
2018年度夏シーズン6回目のハゼ釣りに行ってきました。んが!もうミスばかりで、ど〜しようもないハゼ釣りになってしまいました。
2018年7回目のハゼ釣りはアタリ日だった
2018年夏シーズン7回目のハゼ釣りに行ってきました。本日はシーズンに数回あるかないかのハゼ釣りのアタリ日でした。
2018年8回目のハゼ釣りは鬼の厳しさ!
2018年夏シーズン8回目のハゼ釣りに行ってきました。ハゼの数釣りのシーズンなのに激渋でした。
2018年9回目のハゼ釣りはアタリの日
2018年度夏シーズン9回目のハゼ釣りに行ってきました。台風一過でハゼが釣れるか釣れないかのカケになる日でしたが、アタリでした!
2018年10回目のハゼ釣りは大きく空振り
2018年度夏シーズン10回目のハゼ釣りに行ってきました。台風一過でやっと京浜運河の水質も改善したのですが・・・
2018年11回目のハゼ釣りはもう秋の気配
2018年度夏シーズン11回目のハゼ釣りに行ってきました。お盆も過ぎると残暑どころか秋っぽくなって水も冷たいハゼ釣りになりました。
2018年12回目のハゼ釣りは夕まずめ狙い
2018年夏シーズン12回目のハゼ釣りは夕まずめに行ってみました。んがしかし、渋いハゼ釣りになってしまいました。
2018年13回目のハゼ釣りはちょっと方向を変えて
2018年度夏シーズン13回目のハゼ釣りは、いつもの現場ではなく多摩川本流に行ってみました。以前はハゼ釣りのメッカだったのですが今年はどうでしょうか?
2018年14回目のハゼ釣りは引き続き多摩川本流の羽田にて
2018年14回目のハゼ釣りは先週に引き続き、多摩川の羽田でした。ちょっと心配していたのですが、やっぱりでした。
2018年15回目のハゼ釣りは今シーズン一番釣れた!
2018年夏シーズン15回めのハゼ釣りに行ってきました。本日も最近通っている多摩川羽田での釣行ですが、今シーズンで一番のハゼ釣果となりました。
2018年16回目のハゼ釣りも数釣りを目指して
2018年度夏シーズン16回めのハゼ釣りも数釣りを求めて多摩川羽田に行ってきました。夏日和で暑かったから少々バテましたが、ハゼの数は何とか釣れました。
2018年17回目のハゼ釣りはラスト大井ふ頭中央海浜公園【玉砕編】
2018年17回めのハゼ釣りに行ってきました。そろそろ大井ふ頭中央海浜公園のハゼ釣りも終了なのでラスト!とばかりに行ってみたのですが・・・
2018年18回目のハゼ釣りは二部構成【秘密の花園→森ヶ崎海岸公園】
2018年18回目のハゼ釣りは釣り場をハシゴしてきました。穴釣り場は全然ダメでしたが、プチ穴釣り場は調子が良かったです。
2018年19回目のハゼ釣りは台風前に勝負!
2018年19回目のハゼ釣りは台風が来る前に行ってきました。通常ならこんな天気に無理してハゼを釣りに行かないのですが、ある理由がありまして・・・
2018年20回めのハゼ釣りは午後に出撃!
2018年度の20回めのハゼ釣りに行ってきました。土曜の午後、仕事があがってからのハゼ釣りですが、またまた台風の影響で・・・
2018年21回めのハゼ釣り【森ヶ崎海岸公園】
2018年21回めのハゼ釣りは森ヶ崎海岸公園に行ってきました。心配だった強風はやっぱり吹いていて、ハゼのアタリがとりづらいのなんの・・・
2018年22回めのハゼ釣りはやっぱり3連チャン
2018年22回めのハゼ釣りに行ってきました。連休だったのですが、やっぱりハゼ釣りばかりで過ごすハメに・・・
2018年23回めのハゼ釣りは穴釣り一歩手前
2018年23回めのハゼ釣りに行ってきました。夏ハゼでもない、冬の穴釣りでもない微妙なこの時期はハゼの釣れ具合も微妙でした。
2018年24回めのハゼ釣り【多摩川本流-羽田付近】
2018年24回めのハゼ釣りは多摩川の羽田に行ってきました。条件的には良さそうだったんだけどね・・・
2018年25回めのハゼ釣りは本格的に穴狙い
2018年25回めのハゼ釣りに行ってきました。数釣りはもう期待できないので、本格的に穴釣りでのハゼ釣行となりました。
2018年26回めのハゼ釣りは地獄と天国
2018年26回めのハゼ釣りに行ってきました。釣り始めは玉砕しましたが、粘りのハゼ釣りで何とか良い思いができました。
2018年27回めのハゼ釣りは穴史上最多に釣れた!
2018年27回めのハゼ釣りに行ってきました。サイズはともかく今までのハゼの穴釣りで最多に釣れました。
2018年28回目のハゼ釣りはいつもの穴釣りでシーズン最大
2018年度28回目のハゼ釣りに行ってきました。いつもの釣り場でのハゼの穴釣りですが、今シーズン最大サイズ更新となりました。
2018年30回めのハゼ釣りは今シーズン最大サイズ更新
2018年度30回めのハゼ釣りに行ってきました。数的にはイマイチだったんだけど、今シーズン最大サイズのハゼが釣れたので良しとしましょう!