ハゼ釣り 釣り 多摩川 海老取り川 東京 2017 平成29

2017年14回めのハゼ釣りは行ったことのない現場にて

2017年14回めのハゼ釣りは海老取川の近くの未開拓ポイント

2017年8月12日。
2017年夏シーズン14回目のハゼ釣りに行ってきました。

 

釣り場:多摩川羽田第一水門脇
天気:晴れ
釣行時間:13時30分(潮位:55cmほぼ干潮)〜15時30分くらい(潮位:70cm上げ2分くらい) 中潮
釣果:マハゼ16匹(8〜12cm) 

 

 

竿:「そよ風」2m 

 

道糸:ナイロン0.8号 ハリス:ナイロン0.6号 ハリ:袖1号スレ オモリ:自作Fe(鉄)オモリ。1号相当の重さ エサ:ボイルベビーホタテ
ハリス3cmの胴付ミャク釣り仕掛け

 

 

本日はお盆突入記念として、気になっていたけど今まで一度も行ったことのないハゼ釣り現場へ向かいました。

 

 

現場は多摩川の羽田第一水門の脇になります。

 

”羽田第一水門”と言っても何それ?ですが、海老取川の近くと言えば「あ〜あそこら辺か!」と分かる人は見当がつくと思います。

 

一応地図をば。こちらが本日の現場になります。

 

ちょっと前の話になりますが、海老取川のハゼ釣りの様子を見に行った時のこと。

 

予想通り海老取川のハゼは今年もダメらしいという情報を地元の方から得た。

 

さらに悪いことに防潮堤の工事もしてるもんだから、おそらくは今後数年は釣りにならないだろう。

 

ちなみに工事箇所は海老取川の中程だから、多摩川との合流部辺りは釣りは可能。釣れればだけど・・・

 

なので、海老取川で唯一希望が持てるのは、ある時ある場所限定で大ハゼを狙うのみになるのかな。

工事で立入禁止になっていた

 

 

海老取川は今年もダメか・・・

 

船宿が並ぶ護岸沿いをハゼチェックしながら歩くが、どこもイマイチばかりだった。

 

あの水門まで行ったら帰ろう・・・もうしばらくはここら辺も来ないだろうなぁ〜と思っていた時だった。

 

最後の水門のすぐ脇にたどり着いたとき、良型で大量のハゼがオッサンの影に気づいて逃げてゆく。

 

「こんなところに溜まってたんだ!」

 

早速、オッサンのデスノートにこの現場を記しておいた。

真っ昼間のハゼ釣り

今朝は結構な雨が降っていたので、当然ハゼ釣りは止めておいた。

 

「今日はゆっくり寝坊しよう!せっかくのお盆だから!!」と毛布に包まってマグロになっていた。
※昨晩は東京も冷えたので夏用のブランケットでなく毛布の出番。

 

 

全然関係ない話だが、警察用語や鉄道用語で「マグロ」とは轢死体を意味するらしい。

 

分かりやすくも生々しい表現である。

 

 

三度寝した後、雨音も止んでいたので轢死体は起き上がった。

 

雨はすっかりあがり、晴れ間も見えていた。

 

 

 

今からじゃハゼ釣りに行っても釣れんわな〜っと、ゆっくりするつもりだったけどオッサンもやることがない・・・

 

帰省予定があるため体力は温存しておきたいが、昼間はエアコンを稼働させない鉄の掟があるので家の中にいるだけで体力を消耗してゆく。

 

っという訳で、ランチをやっつけると颯爽と愛車にまたがったのでした。

 

 

多摩川のサイクリングロードをひたすら河口に向かっていると、そこら辺に上半身ハダカのオッサンがうじゃうじゃいる。

 

「何で脱いじゃうんだろう?自慢する程のボディでもないし・・・っていうか、逆に醜いのだがそんなに見せたいか?」

 

メタボなボディビルダー達を視界に入れないようにしながら現場に向かうが、多摩川の様子を見るとある重要な事に気がついた。

 

「やばい!今の時間帯は潮位がドン引きだ。あの現場は釣りになるのか?」

 

以前現場をチェックした時は水位が上がっていた時間帯だった。

 

 

 

現場が見えてくると水位はかなり下がっていたが、まぁ釣りはできそうだ。

 

んが、狭い現場に親子の釣り人が陣取っている。

 

「あららら!考えることはみんな同じか・・・」

 

一瞬あきらめて帰ろうと思ったが、暑い中せっかくここまで来たし、何よりもまたボディを見せつけられるのも気分が悪い。

 

 

ダメ元でお声を掛けさせて頂くと、人の良さそうなお父さんが「もう帰るのでどうぞ!」と言ってくれた。

これが羽田第一水門

 

船宿「伝寿丸」さんの看板がある階段を下りる

 

目の前は広大な河口の風景

 

 

前に来た時は瓦礫の際まで水位があったけど、今はかなり下がっている。

少々厳しい潮位だ

 

 

水面をのぞくとハゼの姿は見えないので厳しい釣りを覚悟する。

夏ハゼではない貧果に凍死寸前

何も考えてなかったので、いつも通りの2mの竿しか持ってきてない。

 

水面は1mほど下なので、護岸に座って釣り糸を垂れる事になった。

 

熱いコンクリートで尻が焼かれる。

 

 

期待薄での第一投。

 

すぐにアタリがあり、唐揚げサイズのハゼが釣れた。

一投目で釣れると気分が良い

 

 

良い意味で期待を裏切られたので「お〜、これはいっちゃうかもよ〜!」とどこへ行くのかわからないやる気が出てくる。

 

んがやる気も初めだけだった。

 

 

ポツリポツリとアタリはある。

 

アタリはあるんだけど何かがおかしい・・・

 

オッサンはアタリに違和感を感じていた。

 

ハゼが釣れないのは当然ながら、何かが違う。

 

 

真っ昼間なので深い方にハゼが移動しているはずだと、深場を攻めていたんだけど、試しにエサが見える浅場に落としてみた。

 

 

犯人発覚!

 

何か知らんが、ハゼではない小魚がエサを突っついてくる。

 

 

さらには魚ではない奴もいる・・・よ〜く凝視するとその正体はエビだった。

 

ん〜?テナガエビでもないコイツはボサエビか!?

 

この近くの店ではボサ天重のメニューもある、ここらへんの名物でもある小さなエビだ。

 

オッサンはいつものホタテの貝柱をエサにしているのでハリから抜けやすい。

 

ボサがエサをスルスルとハリから抜いて、お持ち帰りしているではないですか!?

 

どうりでアタリもないのにエサが無くなってるわけだ。

 

 

 

しかし、ハゼとは違うアタリ方をするあの小魚はなんだ?

 

小魚に集中するがなかなかハリ掛かりしない。

 

やっと掛けて面白いくらいに暴れて上がってきたのはウグイの稚魚だった。

臭いが強いのであまり触りたくない

 

 

ウグイを仕留めたので次はボサエビだ!っとハゼそっちのけで訳の分からないやる気を見せるオッサン。

 

テナガエビ同様にホタテのヒモをエサにしてみるが、突っつくだけでいくらやってもハリ掛かりしない。

 

どうやらテナガとはエサの喰い方が違うらしい。

 

喰わせるのはあきらめて、終いにゃ〜エビのボディ狙いのスレ掛かりに期待したがダメでした。

 

結局ボサエビは釣れなかった・・・

 

 

 

外道遊びにも飽きたのでハゼ釣りに戻る。

 

深場を狙えばそこそこのハゼも上がってくるが、いかんせんアタリ自体が少なすぎる。

 

ココらへんのサイズも釣れるが・・・

 

 

相変わらずウグイとボサの攻撃を受け、エサだけは消費してゆく。

 

やっと掛かったと思ったら上がってくるのはいつものコイツ。

どこにでも現れるダボハゼ

 

 

小さなアタリはウグイ。

 

アタリもなくエサを取られるのはボサエビ。

 

やっと掛かったと思ったらダボハゼ。

 

外道のジェットストリームアタックを喰らいまくっているオッサンなのでした。

 

 

暑さと釣れなさにグロッキー寸前だったので少々休憩。

今日は小倉羊かんだが、どちらかと言うと”練”のほうが好み

 

 

釣れる時に釣れる場所で釣れるやり方でやれば釣れる。

 

釣りの大原則だが、そもそもこんな釣れない真っ昼間に釣り糸を垂れてること自体がアンポンタンなのである。

 

 

 

釣り船が帰ってくる時間になった。

 

伝寿丸さんも帰ってきたが、潮が引いているので桟橋には付けないらしく、オッサンが釣っている水門脇に横付けしたのに驚いた。

 

本日の釣り物のマゴチは結構釣れたらしい。お客さんも上機嫌だ。

船宿は釣らせてナンボだから良かったね〜

 

 

一方、全然釣れないオッサンはもう抜け殻状態だ。

 

 

結局2時間粘ったが諦めた。

 

16匹・・・猛暑とは裏腹に凍え死にそうな貧果である。

夏ハゼの釣果ではない!

 

いつもなら16匹なんて10分かからないよ、マジで!

 

 

マゴチが水揚げされる横で、マゴチのエサを懸命に釣っている惨めなオッサンなのでした。

 

 

マゴチと交換してくれないかな〜。一番小さいのでいいからサ!

 

全く割に合わない”わらしべ長者現象”は起きるはずもなかった・・・

 

 

 

本日の敗因は釣れる時ではなかったに尽きます。

 

早朝&満潮に釣れば、いくらなんでもオッサンのようにはならなかったはずだ。

 

しっかりと現場の状況を見極めてから来ることをオススメします。

 

 

ここでは竿は少なくとも2.4m、できれば2.7mがちょうど良いかな。

 

2mだと狙える範囲がかなり絞られてしまいます。

 

 

 

次の記事>>>「2017年15回めのハゼ釣りは気分が悪くなった・・・」へ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク


2017年14回めのハゼ釣りは行ったことのない現場にて関連ページ

2017年初のハゼ釣りは玉砕の巻
記念すべき2017年最初のハゼ釣りです。新年は景気良く行きたいところでしたが、そう甘くはなく厳しいハゼ釣りとなりました。
2017年2回めのハゼ穴釣りはリベンジ決戦
早くも2017年のハゼ釣りも2回目となった。昨日はボーズをくらったので本日はリベンジ。はたしてハゼ釣りのリベンジは叶ったのか・・・
2017年序盤シーズン ラストのハゼの穴釣り
2017年序盤シーズンのハゼ穴釣りもいよいよラストです。昨年暮れ頃からしつこくハゼを求めて穴釣りに勤しんできましたが、とりあえず今回でハゼ穴釣りも終了です。
2017年夏シーズン最初のハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯)
2017年のハゼ釣りもいよいよ夏シーズン開幕でございます。不安半分だったのですが、思いのほか良い釣果だったので、今年も楽しめそうです!
2017年夏シーズン2回めのハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯)
2017年夏シーズン2回目のハゼ釣りです。今年はまだ気温が上がってないので、水温もイマイチ冷たい。だもんでハゼが小粒です。
2017年夏シーズン3回めのハゼ釣りは決め打ち釣り(はぜつき磯)
2017年夏シーズン3回めのハゼ釣りはいつものダラダラ釣りではなく、目標を定めてハゼ釣りをしました。その”目標”とは・・・
2017年夏シーズン4回めのハゼ釣りは久しぶりの【夕やけなぎさ】
2017年4回めは平日釣行の【夕やけなぎさ】。久しぶりにこちらへ来ましたが、数は稼げますわな〜
2017年5回めのハゼ釣りのエサは「イタヤ貝」
2017年5回めのハゼ釣りはエサを変えてみました。ホタテ高騰のため代替エサでしたが・・・
2017年6回めのハゼ釣りは結果よりも楽しくがテーマ
2017年もハゼ釣行の回数が順調に伸びていますが、たまにはノンビリダラダラと釣りを楽しもうと思います。
2017年7回めのハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯)
2017年7回めは2日連続のハゼ釣り釣行。せっかくの連休ですが、どこに行くアテもないもんで・・・
2017年8回目のハゼ釣りは2匹目のドジョウを狙って
2017年8回目のハゼ釣りはある美味しい情報を入手したので早速やってみましたが・・・
2017年9回目のハゼ釣りは何ともパッとしない様子
2017年9回目のハゼ釣りは強風の中の厳しい釣りになりました。まぁ、ハゼ釣りに限らず、風が吹くと釣りはやりづらいですよね〜
2017年10回めのハゼ釣りはタイムアタック1束超え
2017年のハゼ釣りもついに二桁の大台にのってしまいました。それを記念して頑張ってハゼ釣りしてみました。
2017年11回めのハゼ釣りは市販仕掛けのインプレッション
2017年11回めのハゼ釣りは市販仕掛けを使ってみました。まぁ、期待はしていなかったけれど・・・
2017年12回めのハゼ釣りはダラダラと・・・
2017年12回めのハゼ釣りはダラケきった釣りとなりました。まぁ、たまには何も考えないでハゼ釣りするのもいいな!
2017年13回めハゼ釣りはストレスが溜まった
2017年13回めのハゼ釣りに行ってきました。別にハゼ釣り人が多かった訳じゃないけど、動けなかった・・・
2017年15回めのハゼ釣りは気分が悪くなった・・・
2017年の15回めのハゼ釣りです。ある事件により気分が悪いハゼ釣行となりました。
2017年16回めのハゼ釣りは激渋だけど、これからが本番
2017年16回めのハゼ釣りは今季一番の厳しいハゼ釣り。激渋だけどこれからが本当の釣りを味わえる時期です。
2017年17回めのハゼ釣りは江戸川でのボート釣り
2017年17回めのハゼ釣りは江戸川遠征になりました。手漕ぎボートを借りてのハゼ釣りで爆釣を期待したのですが・・・
2017年18回めのハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯)
2017年18回目のハゼ釣りに行ってきました。いつもの大井ふ頭中央海浜公園のはぜつき磯ですが、当たりハズレが多く、この時期らしいハゼ釣りとなりました。
2017年19回目はプチハゼ釣り(森ヶ崎公園裏)
2017年19回目のハゼ釣りは森ヶ崎公園裏のマイナーなハゼ釣り場。期待はしてなかったのですが、そこそこサイズも釣れて面白かったかな?
2017年20回めのハゼ釣りは二部構成
2017年のハゼ釣りもとうとう20回めになってしまいました。平日釣行なのでノンビリとハゼ釣りをしてみました。
2017年21回めのハゼ釣りは穴釣り場「秘密の花園」への偵察
2017年の21回めのハゼ釣りは「秘密の花園」に偵察に行ってきました。そろそろハゼの穴釣りを視野に入れてるんですが、う〜ん・・・
2017年22回めのハゼ釣りはそろそろお悩みどころ・・・
2017年のハゼ釣りもそろそろ場所移動の頃合いです。でもハゼの穴釣りにもまだ早いので場所の選択が悩みどころ・・・
2017年23回めのハゼ釣りはある実験
2017年のハゼ釣りは”ある実験”をしてみました。その何も「メタルリリアン(案)」です。もう大井ふ頭中央海浜公園でのハゼ釣りも終わりだというのに実験というのも何ですが・・・
2017年24回めのハゼ釣り「秘密の花園はまだ早いぞ!の巻
2017年24回めのハゼ釣りは穴釣り場「秘密の花園」に行ってきました。んが!ハゼの穴釣りにはまだ早いな・・・
2017年25回めのハゼ釣り(森ヶ崎公園裏)
2017年25回めのハゼ釣りはハゼの穴釣り場だけど、まだ穴釣りは釣れないので長竿で・・・
2017年26回めのハゼ釣りは八つ当たりダ〜!
2017年26回めのハゼ釣りは、先日の連休で全然釣れなかった八つ当たりに行ってきました。予想以上にハゼが釣れて目的達成です。
2017年27回めのハゼ釣りは台風が来る前に・・・
2017年の27回めのハゼ釣りに行ってきました。先週は雨で出撃できなかったので、今週こそは!と思っていたら台風来襲!!しかし・・・
2017年28回めのハゼ釣りは不思議な穴を発見!
2017年28回めのハゼ釣りに行ってきました。大井ふ頭中央海浜公園-しおじ磯でのハゼ釣行でしたが、ハゼが湧く穴を見つけました。
2017年29回めのハゼ釣りはプチ穴釣り
2017年29回めのハゼ釣りは、回数に入れて良いものかと迷いました。短時間のプチ穴釣りでしたが、ハゼはもう穴に入っているようですね。
2017年30回めのハゼ釣りは本格的な穴釣りシーズン到来
2017年の30回めのハゼ釣りは穴釣りです。いよいよ本格的なハゼの穴釣りシーズンがやってきました。釣果は本格的ではないですが・・・
2017年31回めのハゼ釣りは「センスないかも・・・」
2017年31回めのハゼ釣りは森ヶ崎公園裏での穴釣りだったのですが、いつものように玉砕・・・オッサンセンスないかもと気づき始めました。
2017年32回めのハゼ釣りはGoodjob!
2017年32回めのハゼ釣りは秘密の花園での穴釣りです。期待薄で行ったんだけど結構良かったで〜!
2017年33回めのハゼ釣りは釣り場ミスから始まった
2017年33回めのハゼ釣りに行ってきました。当初の予定を変更せざるを得なかったので、余計な時間を使ってしまいました。
2017年34回めのハゼ釣りはプチ穴釣り その2
2017年34回めハゼ釣りは1時間限定でのプチ穴釣りでした。雨天後の釣行でしたが、穴が見えない・・・
2017年35回めのハゼ釣りin「秘密の花園」
2017年35回めも「秘密の花園」にハゼの穴釣りに行ってきました。そろそろ一つ穴から複数のハゼがあがってくるようになりました。
2017年36回めのハゼの穴釣りは平日の花園
2017年36回めのハゼ釣りは平日釣行となりました。誰もいないだろうっと思っていたら結構釣り人で賑わっていた。
2017年37回めのハゼ釣り【事件は迷宮入りの巻】
2017年37回めのハゼ釣りに行ってきました。いつもの穴釣りですが、先日の釣行時に起こった”事件”について穴師匠に伺ってみたところ・・・
2017年38回めのハゼの穴釣りin秘密の花園
2017年の38回めもハゼの穴釣りです。もうこの時期になると、シーズン終了まで秘密の花園でのハゼ穴釣りとなります。あと何回行けるかな〜?
2017年39回めのハゼ釣りは強風の中で・・・
2017年39回めのハゼの穴釣りは強風吹きすさぶ中での釣行でした。アタリなんて全く分からないし・・・
2017年40回めのハゼ釣り【穴釣りので初のツ抜けの巻】
2017年もとうとう40回めのハゼ釣りになってしまいました。今回はハゼの穴釣りではじめてツ抜けになりました。
2017年41回めのハゼ釣りはボウズを覚悟
2017年41回めのハゼ釣りは、昨日と打って変わってすこぶる厳しゅうございました。ハゼ釣り人生初のボウズを覚悟しました。
2017年42回めのハゼ釣りはいよいよ釣り納め
2017年もいよいよラストのハゼの穴釣りとなりました。42回もハゼ釣りするとは我ながらトホホだ・・・