ハゼ釣り 穴釣り 東京 2017 平成29

2017年37回めのハゼ釣り【事件は迷宮入りの巻】

2017年37回めはポカポカ陽気の昼間の釣行

2017年12月3日。
2017年37回めのハゼ釣りに行ってきました。

 

釣り場:「秘密の花園」(KJ-0)
※釣り場は諸事情により場所は明かせません。申し訳ないです。
天気:晴れ
釣行時間:11時30分(潮位:80cm干潮)〜14時00分くらい(潮位:149cm上げ5分) 大潮
釣果:マハゼ7匹(14・14.5・14.5・16・16.5・16.5・17cm)  

 

 

竿:「清滝」2.1m 

 

道糸:PE0.6号+フロロ1.5号 ハリス:ナイロン1.0号 ハリ:ナノヤマメ7号 オモリ:自作Fe(鉄)オモリ。1号相当の重さ エサ:アオイソメ
ハリス3cmの胴付ミャク釣り仕掛け

 

 

本日も元気にハゼの穴釣りに行ってまいりました!

 

 

風もなく快晴なポカポカ陽気。

 

これでハゼが釣れれば文句ナシなんだけど、コレばっかりはやってみなくちゃわからない。

 

 

夏のハゼ釣りなら、朝から出撃して適当に釣ってる感じで人間都合の時間に行ってもなんとかなる。

 

しかし、この時期のハゼ釣りは潮や天気、風向きなど釣りに適した幾多の条件を考慮して釣行時間帯を決定するので、今日みたいな中途半端な時間に出撃することもある。

 

 

本当はもう少し時間を遅めにズラしたかったんだけど、自宅にいてもソワソワするばかりで我慢できずに早めに出撃しました。

 

 

 

現場に着くが案の定、潮位が上がってないので釣りにならん!

コレでは攻める穴がないぞぃ

 

まぁ、これは想定内なので早めのお昼ごはんを食べながら潮が上がってくるのを待つ。

ローソン限定。オッサンの好物

 

おひさまの下ポカポカしながらモグモグしていると、ニャンキュッパがすぐそばでオッサンのランチョン姿を見ているではありませんか。

 

おすそ分けをあげたいのはヤマヤマなのですが、ハゼならともかく、餌付けはかえって可哀想そうな事になるので我慢していました。

 

”早くダボハゼをあげるからな!”

 

そう言い聞かせたが、気に入らなかったらしくプィ!とソッポを向かれた。

”ダボハゼ”というリフがダメだったかな?

 

 

お約束しちゃったのでランチョンも適当に切り上げて釣りの準備をする。

 

 

本日はハリを変えてみました。

 

変えましたというよりは”在庫処分”と言ったほうが正確ですが・・・

 

 

がまかつ「ナノヤマメ(7号)」

 

言わずもがなヤマメのハリなんだけど、ど〜ゆ〜訳かシロギス釣りに使っていました。

 

がまかつの”ナノスムースコート”というフッ素樹脂コーティングが売りで、摩擦を限りなくゼロにしてハリ掛かりを良くした製品です。

 

性能はと言うと、さすがは”摩擦ゼロ感覚!”というキャッチフレーズで売り出している事もあり、とにかくよく刺さります。

 

普通のハリだとイソメの頭にブスリと貫通させるのにけっこう難儀しますが、このハリはス〜と刺さります。

 

指にもサクッっと刺さるくらいで「摩擦ゼロ感覚」を身をもって体感する事ができます。

 

 

今はシロギス釣りにも使っていないのですが、まぁ刺さるのと釣れるのは別物でして・・・という理由だったと思います。

 

 

まだこのハリが余っていて、ハゼ釣りにはオーバースペックなんだけど眠らせておいても意味が無いので使ってみることにしました。

ハゼ釣りにはもったいないハリだ

 

 

エサは前回のイソメが大量に余っているので持ってきた。

今回でも使い切れそうもないが・・・

悲劇のジョー!

まだ潮が低いから比較的深い方に移動し、イソメを長めに切って投入する。

 

シ〜ン・・・

 

何の音沙汰もない・・・

 

 

う〜ん、まだ厳しいか・・・と思っていた3穴めで反応あり!

 

ダボハゼだったがさすがナノスムースコートだ!デカイハリに小さなダボがくっついて来た。

 

後ろで見ていたニャンキュッパにお約束どおりに献上する。

 

 

すぐに同じ穴で本日のマハゼ1号が上がってきた。

少々小型だけどボウズ逃れ

 

釣り上げて暴れるハゼをつかもうとした時にハリがチクチクと手に当たって痛い!

 

そう言えば、このハリを使わなくなったもう一つの理由がコレだったんだよね〜と思い出した。

 

ハリ先が妙に手に当たってきて痛いんですよ。

 

そしてこの現象が後ほどの悲劇を生む。

 

 

 

シロギスなら船中に釣り上げちゃえばゲットだけど、この釣り場は岩の下は海だ。

 

ハリから外れて落ちていったらサヨウナラである。

 

上げたハゼはすぐにつかんでハリを外し、バケツに入れるまでは安心できないのだ。
(バケツに入れてもニャンキュッパがいるから安心できないけどサ!)

 

 

 

ハリの性能なのか、活性が良いからか今日はダボがちょくちょくあがってくる。

 

その度に献上していたんだけど、ニャンキュッパも満足したのか飽きたのか何処かへ行ってしまった。

 

 

マハゼも4匹釣り上げた頃だった。

 

わずかな触りのアタリがきた時、すかさずオッサンは良型マハゼを確信したのでエサをイソメの尻尾にチェンジして勝負をかける。

 

さすがは尻尾の魔力。

 

すぐに大きく引いたのでアワセると本日一番のズッシリ感で大型が上がってきた。

 

「キタ〜!」っと上がってきたハゼをつかもうとするが、例のチクチクが怖くて暴れるハゼをなかなかつかめない・・・

 

すると、ポト!っと落ちていってしまった!

 

「あ〜!」

 

冬の釣り場にオッサンの叫び声がこだまする。

 

 

ボチョン!とハゼが水に落ちる音からもそのハゼが大型だったのを物語っている。

 

間違いなく18cmオーバーの一匹でした。

 

 

ボ〜ゼンとなり、あしたのジョー最終回最終コマになるオッサン。

悲劇は続く・・・

どれくらい時間がたったのだろうか・・・

 

ふと後ろで声がして我に返るオッサン。

 

「いた!いた!」

 

振り返ると、いつもの人懐っこい笑顔で穴師匠がいました。

 

 

アレ?師匠釣りしてたんだ。

 

聞けば今日はこのポイントではなくて、ちょっと離れたところで釣っていたらしい。

 

 

 

「今日は18.5cmが来たよ!」と喜んでいた。

 

 

穴師匠にもオッサン製のハゼスケールを差し上げていて、いつもデジカメで釣果を記録しているマメな穴師匠。

 

釣り上げた画像を見せてもらうが、釣果はオッサンなんぞ足元にも及ばないほどだ。

 

 

「今、大型を逃しました」と告白すると。

 

「あ〜そうなんだ。でも、逃すとそれ以上の大物が来ることが多いから頑張って!」と丹下段平が決して吐かないような粋な台詞で励ましてくれた。

 

差し出されたミカンを食べながら、しばし談笑する。

 

 

昔のココらへん界隈のことやら、お互いの仕掛けやら竿のことやら・・・今日は長い時間いろいろとお話ができて貴重な時間となりました。

 

ちなみに「穴師匠」とは、オッサンが密かに付けたアダ名なので、当たり前なんだけど本名は違います。

 

幸いなことに、ネットには疎い世代なのでこのブログを見ていないと思いますが・・・というよりも穴師匠なんてアダ名を勝手に付けているので、見ていないことを願うばかりだ。

 

 

穴師匠が帰っていったので、もう少し釣りを続ける。

 

結構長く話し込んでいたのですっかり潮は上がっていた。

 

 

ちょっとばかり上がり過ぎな感じで、良さそうな穴が深くなりすぎている。

 

どちらかと言うと、穴釣りは深い穴よりも浅い穴のほうがマハゼ率が高い。

 

 

ちょうど良さそうな穴を見つけたので、イソメの尻尾を投入するとマハゼが上がってきた。

 

んが!またしてもポチョン!と落ちていってしまった。

 

なんじゃそりゃ〜!

 

本日2度目のこだまが響く。

 

 

 

穴師匠の言葉を思い出し気を取り直す。

 

その後も良型ではないものの何とか3匹拾って、2度目のラインブレイクで納竿となりました。

 

2時間半で7匹とまぁまぁの穴釣りだったと思います。

14.5cm

 

16.5cm

 

16.0cm

 

17.0cm。本日最大サイズ

 

14.0cm。ご臨終してしまったのでニャンキュッパへ

 

16.5cm

 

14.5cm

 

総勢7匹。一番上のメタブはニャンキュッパ用に取っておいた奴

 

 

今日はポロリが2匹あって凹みました。

 

ハリなのか?それとも硬い竿が原因なのか?

 

 

夏ハゼなら4〜5匹のポロリは何とも思わないが、この時期のハゼはアタリだけでも貴重で、ましてや姿を見てからのポロリは悔しいったらありゃしない!

 

経験すれば「あ〜!」って声が出るのも理解してくれると思います。

 

本当に「あ〜!」って出るんですよ!!

例の事件の真相【捜査は迷宮入り・・・】

気になっていた例の事件について穴師匠に聞いてみた。

 

オッサン:「ハリに髪の毛が付いてくることないですか?」

 

穴師匠:「あ〜それか・・・。ここらへんには結構髪の毛があるんだよ!」

 

オッサン:「エ〜!なんで?」

 

穴師匠:「ここにカツラを捨てたのがいるんだよ!」

 

オッサン:「へ? カツラを? 捨てた?」

 

 

オッサンの頭の上に?マークがポコポコ浮かぶ。

 

なんでカツラをここに捨てる?

 

一体どういう了見でそういう行動になるんだ?

 

そもそもカツラひとつでこんなに髪の毛がハリ掛かりするものなのか?

 

 

 

そんな疑問を抱いたが、ふとオッサンはもっと重大なことに気づく。

 

何でこの人はこんなことを知っているのだ?

 

 

まさか!

 

任三郎(少々古いですが)は眉をひそめた。

 

 

第一発見者を疑うのは捜査の鉄則だ!

 

目の前の穴師匠がカツラを捨てた下手人なのでは?

 

つまり穴師匠はヅラなのか?

 

前に使っていたダメなヅラを遺棄し、今かぶっているヤツにチェンジしたということなのか?

 

 

任三郎の視線が上の方に移動する。

 

 

マジマジと生え際を観察するが全然ヅラに見えないぞ。

 

自然な白髪の混ざり具合といい、とんでもない方向に伸びているアホ毛の混ざり具合といい、どう見ても自毛にしか見えない。

 

まさに生え際の魔術師!レディースマープも真っ青な仕上がりだ!

 

ニンニン・・・捜査終了!

 

 

っと雑な終わり方ですが、普通カツラをこんな海辺に捨てるか?

 

東京湾に沈めっぞ!的な事件性はないのか?

 

H氏が検証した結果アレは人毛だったが、人毛ウィッグなる本物の人の髪の毛で作るカツラもあるようなので、カツラ説も否定は出来ないのだが・・・

 

 

いやしかし・・・・・

 

 

疑問は深まるばかりのオッサンなのでした。

 

 

 

次の記事>>>「2017年38回めのハゼの穴釣りin秘密の花園」へ

スポンサーリンク


2017年37回めのハゼ釣り【事件は迷宮入りの巻】関連ページ

2017年初のハゼ釣りは玉砕の巻
記念すべき2017年最初のハゼ釣りです。新年は景気良く行きたいところでしたが、そう甘くはなく厳しいハゼ釣りとなりました。
2017年2回めのハゼ穴釣りはリベンジ決戦
早くも2017年のハゼ釣りも2回目となった。昨日はボーズをくらったので本日はリベンジ。はたしてハゼ釣りのリベンジは叶ったのか・・・
2017年序盤シーズン ラストのハゼの穴釣り
2017年序盤シーズンのハゼ穴釣りもいよいよラストです。昨年暮れ頃からしつこくハゼを求めて穴釣りに勤しんできましたが、とりあえず今回でハゼ穴釣りも終了です。
2017年夏シーズン最初のハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯)
2017年のハゼ釣りもいよいよ夏シーズン開幕でございます。不安半分だったのですが、思いのほか良い釣果だったので、今年も楽しめそうです!
2017年夏シーズン2回めのハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯)
2017年夏シーズン2回目のハゼ釣りです。今年はまだ気温が上がってないので、水温もイマイチ冷たい。だもんでハゼが小粒です。
2017年夏シーズン3回めのハゼ釣りは決め打ち釣り(はぜつき磯)
2017年夏シーズン3回めのハゼ釣りはいつものダラダラ釣りではなく、目標を定めてハゼ釣りをしました。その”目標”とは・・・
2017年夏シーズン4回めのハゼ釣りは久しぶりの【夕やけなぎさ】
2017年4回めは平日釣行の【夕やけなぎさ】。久しぶりにこちらへ来ましたが、数は稼げますわな〜
2017年5回めのハゼ釣りのエサは「イタヤ貝」
2017年5回めのハゼ釣りはエサを変えてみました。ホタテ高騰のため代替エサでしたが・・・
2017年6回めのハゼ釣りは結果よりも楽しくがテーマ
2017年もハゼ釣行の回数が順調に伸びていますが、たまにはノンビリダラダラと釣りを楽しもうと思います。
2017年7回めのハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯)
2017年7回めは2日連続のハゼ釣り釣行。せっかくの連休ですが、どこに行くアテもないもんで・・・
2017年8回目のハゼ釣りは2匹目のドジョウを狙って
2017年8回目のハゼ釣りはある美味しい情報を入手したので早速やってみましたが・・・
2017年9回目のハゼ釣りは何ともパッとしない様子
2017年9回目のハゼ釣りは強風の中の厳しい釣りになりました。まぁ、ハゼ釣りに限らず、風が吹くと釣りはやりづらいですよね〜
2017年10回めのハゼ釣りはタイムアタック1束超え
2017年のハゼ釣りもついに二桁の大台にのってしまいました。それを記念して頑張ってハゼ釣りしてみました。
2017年11回めのハゼ釣りは市販仕掛けのインプレッション
2017年11回めのハゼ釣りは市販仕掛けを使ってみました。まぁ、期待はしていなかったけれど・・・
2017年12回めのハゼ釣りはダラダラと・・・
2017年12回めのハゼ釣りはダラケきった釣りとなりました。まぁ、たまには何も考えないでハゼ釣りするのもいいな!
2017年13回めハゼ釣りはストレスが溜まった
2017年13回めのハゼ釣りに行ってきました。別にハゼ釣り人が多かった訳じゃないけど、動けなかった・・・
2017年14回めのハゼ釣りは行ったことのない現場にて
2017年14回めのハゼ釣りは気になっていたけど一度もハゼ釣りをしたことのないポイントへ行きました。んがしかし・・・
2017年15回めのハゼ釣りは気分が悪くなった・・・
2017年の15回めのハゼ釣りです。ある事件により気分が悪いハゼ釣行となりました。
2017年16回めのハゼ釣りは激渋だけど、これからが本番
2017年16回めのハゼ釣りは今季一番の厳しいハゼ釣り。激渋だけどこれからが本当の釣りを味わえる時期です。
2017年17回めのハゼ釣りは江戸川でのボート釣り
2017年17回めのハゼ釣りは江戸川遠征になりました。手漕ぎボートを借りてのハゼ釣りで爆釣を期待したのですが・・・
2017年18回めのハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯)
2017年18回目のハゼ釣りに行ってきました。いつもの大井ふ頭中央海浜公園のはぜつき磯ですが、当たりハズレが多く、この時期らしいハゼ釣りとなりました。
2017年19回目はプチハゼ釣り(森ヶ崎公園裏)
2017年19回目のハゼ釣りは森ヶ崎公園裏のマイナーなハゼ釣り場。期待はしてなかったのですが、そこそこサイズも釣れて面白かったかな?
2017年20回めのハゼ釣りは二部構成
2017年のハゼ釣りもとうとう20回めになってしまいました。平日釣行なのでノンビリとハゼ釣りをしてみました。
2017年21回めのハゼ釣りは穴釣り場「秘密の花園」への偵察
2017年の21回めのハゼ釣りは「秘密の花園」に偵察に行ってきました。そろそろハゼの穴釣りを視野に入れてるんですが、う〜ん・・・
2017年22回めのハゼ釣りはそろそろお悩みどころ・・・
2017年のハゼ釣りもそろそろ場所移動の頃合いです。でもハゼの穴釣りにもまだ早いので場所の選択が悩みどころ・・・
2017年23回めのハゼ釣りはある実験
2017年のハゼ釣りは”ある実験”をしてみました。その何も「メタルリリアン(案)」です。もう大井ふ頭中央海浜公園でのハゼ釣りも終わりだというのに実験というのも何ですが・・・
2017年24回めのハゼ釣り「秘密の花園はまだ早いぞ!の巻
2017年24回めのハゼ釣りは穴釣り場「秘密の花園」に行ってきました。んが!ハゼの穴釣りにはまだ早いな・・・
2017年25回めのハゼ釣り(森ヶ崎公園裏)
2017年25回めのハゼ釣りはハゼの穴釣り場だけど、まだ穴釣りは釣れないので長竿で・・・
2017年26回めのハゼ釣りは八つ当たりダ〜!
2017年26回めのハゼ釣りは、先日の連休で全然釣れなかった八つ当たりに行ってきました。予想以上にハゼが釣れて目的達成です。
2017年27回めのハゼ釣りは台風が来る前に・・・
2017年の27回めのハゼ釣りに行ってきました。先週は雨で出撃できなかったので、今週こそは!と思っていたら台風来襲!!しかし・・・
2017年28回めのハゼ釣りは不思議な穴を発見!
2017年28回めのハゼ釣りに行ってきました。大井ふ頭中央海浜公園-しおじ磯でのハゼ釣行でしたが、ハゼが湧く穴を見つけました。
2017年29回めのハゼ釣りはプチ穴釣り
2017年29回めのハゼ釣りは、回数に入れて良いものかと迷いました。短時間のプチ穴釣りでしたが、ハゼはもう穴に入っているようですね。
2017年30回めのハゼ釣りは本格的な穴釣りシーズン到来
2017年の30回めのハゼ釣りは穴釣りです。いよいよ本格的なハゼの穴釣りシーズンがやってきました。釣果は本格的ではないですが・・・
2017年31回めのハゼ釣りは「センスないかも・・・」
2017年31回めのハゼ釣りは森ヶ崎公園裏での穴釣りだったのですが、いつものように玉砕・・・オッサンセンスないかもと気づき始めました。
2017年32回めのハゼ釣りはGoodjob!
2017年32回めのハゼ釣りは秘密の花園での穴釣りです。期待薄で行ったんだけど結構良かったで〜!
2017年33回めのハゼ釣りは釣り場ミスから始まった
2017年33回めのハゼ釣りに行ってきました。当初の予定を変更せざるを得なかったので、余計な時間を使ってしまいました。
2017年34回めのハゼ釣りはプチ穴釣り その2
2017年34回めハゼ釣りは1時間限定でのプチ穴釣りでした。雨天後の釣行でしたが、穴が見えない・・・
2017年35回めのハゼ釣りin「秘密の花園」
2017年35回めも「秘密の花園」にハゼの穴釣りに行ってきました。そろそろ一つ穴から複数のハゼがあがってくるようになりました。
2017年36回めのハゼの穴釣りは平日の花園
2017年36回めのハゼ釣りは平日釣行となりました。誰もいないだろうっと思っていたら結構釣り人で賑わっていた。
2017年38回めのハゼの穴釣りin秘密の花園
2017年の38回めもハゼの穴釣りです。もうこの時期になると、シーズン終了まで秘密の花園でのハゼ穴釣りとなります。あと何回行けるかな〜?