ハゼ釣り 穴釣り 東京 2017 平成29

2017年39回めのハゼ釣りは強風の中で・・・

2017年39回めのハゼ釣りは強風の中

2017年12月17日。
2017年39回めのハゼ釣りに行ってきました。

 

釣り場:「秘密の花園」(KJ-HL)
※釣り場は諸事情により場所は明かせません。申し訳ないです。
天気:晴れ
釣行時間:12時00分(潮位:108cm上げ1分)〜15時00分くらい(潮位:174cm上げ8分) 大潮
釣果:マハゼ5匹(15.5・16.5・17・17・18cm)  

 

 

竿:「行雲彩峰V」2.1m(「行雲流水」と「彩峰U」の合体竿) 

 

道糸:PE0.6号+フロロ1.5号 ハリス:ナイロン1.0号 ハリ:流線7号 オモリ:ナス2号 エサ:ボイルベビーホタテ
ハリス3cmの胴付ミャク釣り仕掛け

 

 

天気予報も最近はそれ程大外れしなくなったと思う。

 

オッサンが幼かった頃は、天気予報はほとんどあてにならなかったと記憶している。

 

 

その昔は、古くなった食べ物を食べる時に「測候所、測候所、測候所」と食べ物に当たらないよう(食中毒)にならないように、呪文を唱えたと聞いたことがあるが本当かどうか眉唾ものの話である。

 

こんな出来事はオッサンが生まれるずっと前のことなのでよく分からんが、昔のことだから食品の衛生面もかなりいい加減だったからという理由もあるのだろう。

 

 

現代は人工衛星からの情報を元にスパコンを活用して天気予報をするんだろうから、昔とは当たる確率も格段に高くなっているようである。

 

もっと未来は映画『バックトゥーザフューチャー』にあったように「何時何分何秒から雨が降ります」的なことになるのかもしれない。

 

 

ある面ではそれも素晴らしいことなんだけど、なんだか風情がなくて乾いてる気がする。

 

情報があまりにも正確すぎるというのは、人間が本来持っている『勘』が鈍っていくようで、生物として今後生存していけるのか不安になる。

 

 

 

んで本日は予報通り朝から強風が吹いている。

 

一瞬ためらったが、オッサンの勘が言ってくる。

 

「これくらいなら大丈夫!なんとかなるよ〜」

 

っという訳で本日もハゼの穴釣りへと出撃になりました。

まだ間に合う。帰るべきだ!

強風に吹かれながら愛車を漕いでいると、思ったよりも風が強いのでますます不安になる。

 

「街中でこんなに強いんだから、海っぺリの釣り場なんてスゴイことになってるんじゃ?」

 

 

現場へ到着すると思っていた以上に強風!!

 

「何が大丈夫じゃ!?」と自分を問い詰めるが、オッサンの中にいる”勘”担当者はどこかへ逃亡したようである。

 

予報はしっかりと当たり、オッサンの予感は全然見当違いなのでした。

 

 

 

水面は風に吹かれて波が立ってるし、水は風の影響で濁ってるし、こんなんで釣りになるんか?

狙うべき穴もよく見えん!

 

 

一瞬帰ろうかとも思ったがせっかくだし!といつものリフで釣りの準備を始める。

 

いつもは到着と同時に現れる野良猫ニャンキュッパも姿を見せない。

 

猫でさえ状況をわきまえているのに・・・

 

 

当然他の釣り人なんて全くいない。

 

準備をしながら遠くの富士山を眺める。

 

ハゼの穴師匠曰く「富士山が見えている時は釣れない」という教えを思い出す。

 

 

ダメだろう・・・こんな日は。

 

アタリなんて全く分からんだろう・・・

 

 

気持ちは帰ろうとしているんだけど、手が勝手に準備を進めてゆく。

 

風が強いからオモリはナスオモリの2号を付けた。

 

2号なら風の中でも道糸を張っていられる。

 

いつもの自作オモリは1号相当の重さなので、風に負けて道糸を張りきれないだろう。

さすがに2号オモリの自作はしていないのだ

 

エサはやっとベビーホタテになった。

 

アオイソメも釣れるから良いけど、活きているからハリに刺したり、ぶった切ったりすると可哀想なんだよね〜

 

気がつくと、お腰につけた餌入れから脱走しようとして、ダランと何本も垂れ下がってメデューサのようになってるし。

 

やっぱり死んでるエサは動かないからいいよね〜

なんか久しぶりに使う気がする

その正体はメタボハゼ

強風で波が立ってるから穴がよく見えないけど、ホタテが白くて目立つから狙いは付けやすい。

 

今はまだ潮が低いから穴が浅いので、深さが50cmくらいのご機嫌な穴を探しながら探ってゆく。

 

 

んがしかし、風が強くて竿はあおられるし、道糸はダルンダルンになるし、仕掛けは穴の中で流されるし・・・

 

アタリもヘッタくりもありゃしない!

 

適当に竿を上げてみるとエサが無くなったりしてるから、何かしらが突っついているのか?それともホタテエサだから岩にぶつかってハラリハラリと自然にバラけているのか?

 

 

風だけはどうにも対策を立てようがない。

 

何の策もないまま風に吹かれるオッサン。

 

何も釣れないし、釣れる気もしない。

 

傍から見れば、さぞかし哀れな姿だろう。

 

 

それでも人間の慣れというものは素晴らしく、この風の中でも風とアタリの違いが見えてくる。

 

風にあおられる竿の動きと、アタリの動きの違いが何となくだけど分かってくるのだ。

 

 

しかし、違いが分かるから釣れるわけでもなく、アタリであわせるとカニだったりダボハゼだったりする。

 

でも最初の頃の何も分からない状態からは格段の進歩である。

 

 

風っていつも吹きっ放しじゃなくて、強弱を繰り返しながら止まる時もある。

 

そして釣行開始から40分程過ぎた頃にやっとマハゼのアタリが来た。

 

ちょうど風が弱くなり、アタリがキャッチ出来る瞬間でアワセると本日の一匹目が上がってきた。

素晴らしいタイミングでアタってきた良い奴だ!

 

やっと一匹目が上がってきたよ〜

 

この強風の中で諦めなかった自分をほめた。

 

 

コツを掴むと風も苦にならなくなってくる。

 

竿の持ち方のポイントは、握らないで鉛筆を持つような感じで軽く引っ掛けるようにする。
(この握り方は「ペンシルグリップ」と言う)

シロギスの船釣りでも使う握り方

 

こうすると風が吹いてもいなす事ができるし、アタリがあったら手首の動作だけでアワセルことも出来る。

 

オッサンは穴釣りで、手前の穴を狙う時によくこの握りでやっています。

 

このペンシルグリップなら竿のどの位置でも握ることが出来るからです。

 

 

逆に竿尻を握ると風の影響をモロに受けてアタリが分からないので、今日はペンシルグリップのみでやっていました。

 

 

風にも慣れてきた頃、ある穴でズッシリと重さがかかってきました。

 

指だけで上がってこないのでしっかりと握り直して重さに耐える。

 

上がってきたのはでっぷり太った良型のマハゼ。

 

風とのタイミングが悪かったのかアワセが遅れてしまい、なんと!流線の7号のハリを飲み込んでいました。

 

 

こんなデカイハリを飲み込むとは!

 

これは今シーズンの記録更新か!?

デカイがそれ以上に太い!

 

必要以上に強く握りしめ、安全地帯に移動してから計測する。

 

18.5cmに届かないサイズ。

 

あれ〜?思ったよりも小さい。19cmはいってると思ったのに・・・

 

大型なんだけどそれ以上にメタボハゼだった。

 

この太さなら20cmいってもいいだろ!

 

 

時間が経つにつれて風は弱くなりましたが、止むまでにはなりませんでした。

 

結局、この強風の中3時間も粘って5匹という釣果。

 

16.5cm。この尾びれの切れ方は何か調査でもしたのかな?人為的なものだと思うけど

 

18.5cm弱。本日最大のメタボハゼ

 

15.5cm

 

17cm。尾びれがスゴイ立派だった

 

17cm

 

本日の釣果。5匹

 

風がなかったらもう少し数は伸びていたのかな?

 

 

それよりも強風時のアタリの取り方を学んだのは本日の収穫でした。

 

まぁ、よく3時間も粘ったもんだよ!

 

これでオッサンは風中のハゼ釣りを克服したのだ!!

 

 

しかし、そもそもこんな強風で釣りをするべきじゃないというのも痛感したオッサンなのでした。

来シーズンのハゼ釣りエサを大量ゲットなハズだったが・・・

オッサンの悩みのタネであるエサ問題。

 

ベビーホタテは釣れるし、リーズナブルだし、使いやすいエサなんだけど買いに行くのが面倒くさい。

 

まぁ、大抵のスーパーで手軽に手に入るんだけど、人間って欲が出てくるもんで・・・

 

 

どうせ買うなら1円でもお安く!というのが人情です。

 

なので近所中のスーパーをハシゴして、おつとめ品を見つけてはゲットしていました。

 

しかしそれもなかなかの重労働・・・

 

 

そんなある日このブログに登場するH氏からナイスな提案が!

 

ベビーホタテ(1kg単位で)を卸してくれるとのこと。

 

H氏は水産関係の仕事をしていて、今年は品薄なホタテを斡旋することが出来るらしい。

 

 

早速注文したら、本日釣り場までデリバリーしてくれました。

 

 

誰もいない寂しい釣り場での現金取引。

 

ブツは発泡スチロール箱に入った怪しい外見。

 

ここに警察がいたら発砲されてるかもしれない。そんな状況だ。

 

 

安心の国産品。青森県は陸奥湾のベビーホタテ。

 

しかもLサイズとハゼ釣りには贅沢な大きいサイズ。

 

ありがとうH氏!!

これだけあれば安心だね!

 

愛車の荷台に積んで静かに帰宅したら、さっそく妻に見つかってしまった。

 

ヤバイ!

 

帰宅する前に、会社の冷凍庫に直接運ぶべきだったと後悔。

 

 

しかし既に時遅く、尋問され中身をゲロせずにいられない状況。

 

立派なホタテを見た瞬間に我が家の冷凍庫預かりとなりました。

 

 

 

もうすぐクリスマス。

 

我が家のご馳走はホタテ三昧の予感。

 

 

 

来シーズンのハゼ釣りは、またエサ探しから始まるだろう・・・

 

 

 

次の記事>>>「2017年40回めのハゼ釣り【穴釣りので初のツ抜けの巻】」へ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク


2017年39回めのハゼ釣りは強風の中で・・・関連ページ

2017年初のハゼ釣りは玉砕の巻
記念すべき2017年最初のハゼ釣りです。新年は景気良く行きたいところでしたが、そう甘くはなく厳しいハゼ釣りとなりました。
2017年2回めのハゼ穴釣りはリベンジ決戦
早くも2017年のハゼ釣りも2回目となった。昨日はボーズをくらったので本日はリベンジ。はたしてハゼ釣りのリベンジは叶ったのか・・・
2017年序盤シーズン ラストのハゼの穴釣り
2017年序盤シーズンのハゼ穴釣りもいよいよラストです。昨年暮れ頃からしつこくハゼを求めて穴釣りに勤しんできましたが、とりあえず今回でハゼ穴釣りも終了です。
2017年夏シーズン最初のハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯)
2017年のハゼ釣りもいよいよ夏シーズン開幕でございます。不安半分だったのですが、思いのほか良い釣果だったので、今年も楽しめそうです!
2017年夏シーズン2回めのハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯)
2017年夏シーズン2回目のハゼ釣りです。今年はまだ気温が上がってないので、水温もイマイチ冷たい。だもんでハゼが小粒です。
2017年夏シーズン3回めのハゼ釣りは決め打ち釣り(はぜつき磯)
2017年夏シーズン3回めのハゼ釣りはいつものダラダラ釣りではなく、目標を定めてハゼ釣りをしました。その”目標”とは・・・
2017年夏シーズン4回めのハゼ釣りは久しぶりの【夕やけなぎさ】
2017年4回めは平日釣行の【夕やけなぎさ】。久しぶりにこちらへ来ましたが、数は稼げますわな〜
2017年5回めのハゼ釣りのエサは「イタヤ貝」
2017年5回めのハゼ釣りはエサを変えてみました。ホタテ高騰のため代替エサでしたが・・・
2017年6回めのハゼ釣りは結果よりも楽しくがテーマ
2017年もハゼ釣行の回数が順調に伸びていますが、たまにはノンビリダラダラと釣りを楽しもうと思います。
2017年7回めのハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯)
2017年7回めは2日連続のハゼ釣り釣行。せっかくの連休ですが、どこに行くアテもないもんで・・・
2017年8回目のハゼ釣りは2匹目のドジョウを狙って
2017年8回目のハゼ釣りはある美味しい情報を入手したので早速やってみましたが・・・
2017年9回目のハゼ釣りは何ともパッとしない様子
2017年9回目のハゼ釣りは強風の中の厳しい釣りになりました。まぁ、ハゼ釣りに限らず、風が吹くと釣りはやりづらいですよね〜
2017年10回めのハゼ釣りはタイムアタック1束超え
2017年のハゼ釣りもついに二桁の大台にのってしまいました。それを記念して頑張ってハゼ釣りしてみました。
2017年11回めのハゼ釣りは市販仕掛けのインプレッション
2017年11回めのハゼ釣りは市販仕掛けを使ってみました。まぁ、期待はしていなかったけれど・・・
2017年12回めのハゼ釣りはダラダラと・・・
2017年12回めのハゼ釣りはダラケきった釣りとなりました。まぁ、たまには何も考えないでハゼ釣りするのもいいな!
2017年13回めハゼ釣りはストレスが溜まった
2017年13回めのハゼ釣りに行ってきました。別にハゼ釣り人が多かった訳じゃないけど、動けなかった・・・
2017年14回めのハゼ釣りは行ったことのない現場にて
2017年14回めのハゼ釣りは気になっていたけど一度もハゼ釣りをしたことのないポイントへ行きました。んがしかし・・・
2017年15回めのハゼ釣りは気分が悪くなった・・・
2017年の15回めのハゼ釣りです。ある事件により気分が悪いハゼ釣行となりました。
2017年16回めのハゼ釣りは激渋だけど、これからが本番
2017年16回めのハゼ釣りは今季一番の厳しいハゼ釣り。激渋だけどこれからが本当の釣りを味わえる時期です。
2017年17回めのハゼ釣りは江戸川でのボート釣り
2017年17回めのハゼ釣りは江戸川遠征になりました。手漕ぎボートを借りてのハゼ釣りで爆釣を期待したのですが・・・
2017年18回めのハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯)
2017年18回目のハゼ釣りに行ってきました。いつもの大井ふ頭中央海浜公園のはぜつき磯ですが、当たりハズレが多く、この時期らしいハゼ釣りとなりました。
2017年19回目はプチハゼ釣り(森ヶ崎公園裏)
2017年19回目のハゼ釣りは森ヶ崎公園裏のマイナーなハゼ釣り場。期待はしてなかったのですが、そこそこサイズも釣れて面白かったかな?
2017年20回めのハゼ釣りは二部構成
2017年のハゼ釣りもとうとう20回めになってしまいました。平日釣行なのでノンビリとハゼ釣りをしてみました。
2017年21回めのハゼ釣りは穴釣り場「秘密の花園」への偵察
2017年の21回めのハゼ釣りは「秘密の花園」に偵察に行ってきました。そろそろハゼの穴釣りを視野に入れてるんですが、う〜ん・・・
2017年22回めのハゼ釣りはそろそろお悩みどころ・・・
2017年のハゼ釣りもそろそろ場所移動の頃合いです。でもハゼの穴釣りにもまだ早いので場所の選択が悩みどころ・・・
2017年23回めのハゼ釣りはある実験
2017年のハゼ釣りは”ある実験”をしてみました。その何も「メタルリリアン(案)」です。もう大井ふ頭中央海浜公園でのハゼ釣りも終わりだというのに実験というのも何ですが・・・
2017年24回めのハゼ釣り「秘密の花園はまだ早いぞ!の巻
2017年24回めのハゼ釣りは穴釣り場「秘密の花園」に行ってきました。んが!ハゼの穴釣りにはまだ早いな・・・
2017年25回めのハゼ釣り(森ヶ崎公園裏)
2017年25回めのハゼ釣りはハゼの穴釣り場だけど、まだ穴釣りは釣れないので長竿で・・・
2017年26回めのハゼ釣りは八つ当たりダ〜!
2017年26回めのハゼ釣りは、先日の連休で全然釣れなかった八つ当たりに行ってきました。予想以上にハゼが釣れて目的達成です。
2017年27回めのハゼ釣りは台風が来る前に・・・
2017年の27回めのハゼ釣りに行ってきました。先週は雨で出撃できなかったので、今週こそは!と思っていたら台風来襲!!しかし・・・
2017年28回めのハゼ釣りは不思議な穴を発見!
2017年28回めのハゼ釣りに行ってきました。大井ふ頭中央海浜公園-しおじ磯でのハゼ釣行でしたが、ハゼが湧く穴を見つけました。
2017年29回めのハゼ釣りはプチ穴釣り
2017年29回めのハゼ釣りは、回数に入れて良いものかと迷いました。短時間のプチ穴釣りでしたが、ハゼはもう穴に入っているようですね。
2017年30回めのハゼ釣りは本格的な穴釣りシーズン到来
2017年の30回めのハゼ釣りは穴釣りです。いよいよ本格的なハゼの穴釣りシーズンがやってきました。釣果は本格的ではないですが・・・
2017年31回めのハゼ釣りは「センスないかも・・・」
2017年31回めのハゼ釣りは森ヶ崎公園裏での穴釣りだったのですが、いつものように玉砕・・・オッサンセンスないかもと気づき始めました。
2017年32回めのハゼ釣りはGoodjob!
2017年32回めのハゼ釣りは秘密の花園での穴釣りです。期待薄で行ったんだけど結構良かったで〜!
2017年33回めのハゼ釣りは釣り場ミスから始まった
2017年33回めのハゼ釣りに行ってきました。当初の予定を変更せざるを得なかったので、余計な時間を使ってしまいました。
2017年34回めのハゼ釣りはプチ穴釣り その2
2017年34回めハゼ釣りは1時間限定でのプチ穴釣りでした。雨天後の釣行でしたが、穴が見えない・・・
2017年35回めのハゼ釣りin「秘密の花園」
2017年35回めも「秘密の花園」にハゼの穴釣りに行ってきました。そろそろ一つ穴から複数のハゼがあがってくるようになりました。
2017年36回めのハゼの穴釣りは平日の花園
2017年36回めのハゼ釣りは平日釣行となりました。誰もいないだろうっと思っていたら結構釣り人で賑わっていた。
2017年37回めのハゼ釣り【事件は迷宮入りの巻】
2017年37回めのハゼ釣りに行ってきました。いつもの穴釣りですが、先日の釣行時に起こった”事件”について穴師匠に伺ってみたところ・・・
2017年38回めのハゼの穴釣りin秘密の花園
2017年の38回めもハゼの穴釣りです。もうこの時期になると、シーズン終了まで秘密の花園でのハゼ穴釣りとなります。あと何回行けるかな〜?
2017年40回めのハゼ釣り【穴釣りので初のツ抜けの巻】
2017年もとうとう40回めのハゼ釣りになってしまいました。今回はハゼの穴釣りではじめてツ抜けになりました。