ハゼ釣り 穴釣り 東京 2017 平成29

2017年36回めのハゼの穴釣りは平日の花園

2017年36回めのハゼ釣りは平日の穴釣り

2017年12月1日。
2017年36回めのハゼ釣りに行ってきました。

 

釣り場:「秘密の花園」(KJ-0)
※釣り場は諸事情により場所は明かせません。申し訳ないです。
天気:曇り
釣行時間:10時30分(潮位:84cm上げ1分)〜13時00分くらい(潮位:156cm上げ6分) 大潮
釣果:マハゼ4匹(14.5・15・16・16.5cm)  

 

 

竿:「清滝」2.1m 

 

道糸:PE0.6号+フロロ1.5号 ハリス:ナイロン1.0号 ハリ:流線7号 オモリ:自作Fe(鉄)オモリ。1号相当の重さ エサ:アオイソメ
ハリス3cmの胴付ミャク釣り仕掛け

 

 

2017年もいよいよラストの月に突入し、つくづく今年もな〜んもなかったなぁ〜とシミジミする。

 

もうこの歳になると、来年は良い年でありますように!という無謀な期待は抱かないようにしているが、来年こそはマトモな年であることを心のどこかで懇願する自分もいる。

 

 

 

そんなセンチなオッサンの師走も、しょっぱなからハゼ釣りというトホホな平常運転から始まったわけでして・・・

 

本日も夜勤明けの平日穴釣りとなりました。

 

 

 

朝の遅い時間に目覚めると空はドンヨリ曇天模様で、いつ雨が降り出してもおかしくない重い空。

 

2017年の疲労も蓄積しているので今日は自宅でのんびりしていようかとも思ったが、昨日買ってしまったアオイソメのことを思い出す。

 

昨晩仕込んで、密かに冷蔵庫の中で冷たくなっているイソメ達も今日はさすがに見破られるだろう。

 

発覚を恐れたオッサンは、問題のブツを持ち出して渋々現場に向かったのでした。

 

イソメは尻尾が魅力的

現場に到着し、自転車のスタンドをロックする”カチャ!”という音が合図で、どこからともなくニャンキュッパが現れる。

 

再会の抱擁を交わし、釣りの準備をする。

ニャンキュッパもなんだかヨボヨボしてきたような気がする

 

 

別にこだわっているわけじゃないけど、本日のエサはアオイソメだけで勝負する。

 

いつもならホタテやらエビやら持ってくるけど、今回はイソメを一杯分買ってしまったのでイソメを消費するためにイソメオンリーだ。

穴釣りにはイソメもかなり有効だ

 

問題は今の時間帯は潮が低いので狙える穴が限られるということ。

 

今日は大潮で、これから潮は上がってくるから潮の上がり口を狙おうという作戦でもあります。

でも潮が低すぎるけどサ

 

 

イソメを長めにぶった切っての一投目、すぐにダボハゼのアタリが来る。

 

掛けたつもりだったんだけど、イソメが長いもんだからエサだけを咥えていたらしく水面で落ちていった。

 

ダボだけど引っ掛けたのをニャンキュッパが目ざとく見ていて、ダッシュでオッサンよりも水際に近い位置に陣取る。

 

次は絶対にハゼをゲットするぜぃ!の勢いで水際で待ち構える。
(ニャンキュッパが、だけど・・・)

オッサンよりも前のめりなニャンキュッパ

 

 

同じ穴ですぐにマハゼのアタリあり!

 

一回目は掛け損ねたので、次はイソメの尻尾の方にエサをチェンジする。

 

 

これはハゼ釣りに限らずイソメの使い方としてよくやると思いますが、クネクネとよく動く尻尾の方が喰いが良いのは周知の事実。

 

当然このクネクネはホタテやエビエサには真似出来ない最高の誘いになるし、細いから吸い込みとハリ掛かりが良好です。

 

 

尻尾を投入するとすぐにマハゼ特有のアタリが来て、早めにアワセると本日の一匹目が上がってきた。

16cmクラスのスタンダードサイズ

 

ニャンキュッパが熱視線を送ってくる

 

ダボハゼならすぐにあげるんだけど、マハゼは計測と写真撮影があるからお預け。

 

「早くオラ(メス猫だけど・・・)によこさんかい!」とハゼバケツを恨めしそうにのぞきこむが、「後であげるから」となだめたら大人しくなった。

クロダイの一件以来言うことを聞くようになった

非日常の東京湾

ニャンキュッパを説得しているとH氏が現れた。

 

H氏はこの釣り場ではなく森ヶ崎海岸公園の主(ぬし)なんだけど、ここに現れるということはもう森ヶ崎方面もハゼが上がりにくくなったということなんだろう。

 

数が上がらないなら大型の望みがある秘密の花園でというかな。

 

 

段々と潮が上がってきて釣り場が良い塩梅になってくる。

 

活性も上がってきて、カニやらダボやらが頻繁に上がってくるが肝心のマハゼが来ない・・・

 

ニャンキュッパもダボハゼに飽きたようでふてくされ気味だ。

 

 

イソメ作戦も通常は頭の方を付けているんだけど、マハゼのアタリがあったり、ハゼの気配がビンビンな穴では尻尾を装着して投入する。

 

さすがは尻尾の魔力で、投入するとほぼアタリが来るんだけど今日はその魔力が長続きしない。

 

あと一回引っ張ったらアワセを入れようと思っていても、その次の一回が来ないし、例えアタリが来たとしても掛け損ねるとセカンドチャンスはくれないのである。

 

なので早めにアワセるようにしながらポツリポツリと釣り上げる。

 

 

 

 

ある時、竿を上げたH氏がふとつぶやく。

 

「ハリに髪の毛が付いてることあるよね・・・」

 

すかさずオッサンも同意する。

 

 

確かに、たま〜にという頻度で髪の毛らしい物体がハリに付いていることがある。

 

髪の毛?なんで?リアリー?

 

今までは半信半疑だったけど、H氏も同じ体験をしているとなると一気に信憑性が高くなる。

 

 

H氏は鮮魚関係の仕事をしているので海には詳しく、髪の毛に似た海藻もいるとのこと。

 

そんな変な海藻もいるのか・・・オッサンは安堵したのだが、事件はこの後に起こる。

 

 

H氏がハリに付いていた髪の毛風の海藻をライターで燃やしはじめた。

 

なんでも、さばいた魚に髪の毛が混入していた系のクレームが発生した時に真偽を確認する方法らしい。

 

 

黙って見守るオッサン。

 

H氏が結果を発表する。

 

「髪の毛だ!」

 

穏やかな釣り場が、突然ゲンジョウ(事件現場)の様相に染まる。

 

 

「タンパク質が焼ける匂いだよ。コレの根元の方は白髪みたいに白くなってたもんな〜」

 

と生々しくも不穏なコメントをするH氏。

 

 

マジか!?

 

何でこんな人里離れた海辺で、そこそこの頻度で髪の毛がハリに掛かってくるの?

 

っということは、かなりの髪の毛が岩場にあるってこと?

 

髪の毛が潮の流れにたなびいている様子を想像して恐ろしくなりました。

 

 

映画などでヤクザが「東京湾に沈めるぞゴルァ!」というリフがあるが、アレはよくあるリアルな出来事として実践されているのか?

 

と、目の前に広がる海にどんだけのドザエモンが沈んでいるのかを想像してしまいました。

 

 

 

髪の毛を釣り上げないよう注意しながらハゼ釣りを続けるオッサン×2だが、いかんせん先程の髪の毛事件が心に引っ掛かる。

 

でも気づけば2時間半程釣りを続けていました。

 

 

本日2度めのラインブレイクで心が折れて納竿。H氏も同じタイミングで道糸が切れて終わりました。

 

本日はノルマの5匹に届かず4匹で終了。

 

ワンチャンスを逃しまくったのが貧果につながりました。

 

14.5cm

 

16.5cm。本日最大サイズ

 

16.0cm。コレが一匹目のやつだな

 

15.0cm

 

しかしイソメは活エサだからハリに付けづらいな〜

 

寒くて手がかじかんでいるから余計にやりづらい。

 

でもまだ半分以上残ってるから、また冷蔵庫に仕込んでおかなくちゃ!

 

 

 

次の記事>>>「2017年37回めのハゼ釣り【事件は迷宮入りの巻】」へ

『東京湾に沈めっぞ!』の現実

東京湾にはどれくらい人体入りのコンクリートが沈んでいるのだろうか?

 

気になったのでググってみると、どうやらプロはその方法はやらないらしい。

 

なぜならアシが付くから。

 

 

肉体が腐敗するとガスが発生する。

 

このガスは強力でコンクリを破って流出し、居場所を知らせてしまうようなのだ。

 

 

確実な方法としては、道路に敷くアスファルト合材を作るプラントに投入する方法で、約3000℃の熱処理を行うので骨まで全て溶けて証拠が全く残らないらしい。

 

プラント処理相場が一体100万円と微妙な金額。

 

しかしプラント案は業者にツテが必要だから絶対安全というわけでもないようだ。

 

関わる人間が多いほどボロが出やすくなる。

 

 

 

そこで、より安全・手軽な方法がペットの移動用火葬車案。

 

一台150万円くらいで買えるので、二回ヤれば十分元がとれる計算である。

 

90分程燃やすと骨までキレイになくなるが、問題はペット用なので40cm間隔で切り刻まないと炉に投入できないらしい。

 

通常ならばその作業は厳しいけど、よくニュースで”刻む”という行為は聞くので、その精神状態になれば実践可能なのかもしれない。

 

 

 

 

なんだか今回はエライ物騒なお話になってしまいましたが、たった一本の髪の毛から話がここまで飛躍するとは・・・

 

このように、非日常の糸口は平穏なハゼ釣りからも垣間見えて来るのです。

 

 

いつ、どこで非日常が襲い掛かってくるのか分かりません。

 

自分がチワワと一緒に燃やされたくないなら、常にピースな思想で生きていくのが大切だと痛感したオッサンなのでした。

スポンサーリンク


2017年36回めのハゼの穴釣りは平日の花園関連ページ

2017年初のハゼ釣りは玉砕の巻
記念すべき2017年最初のハゼ釣りです。新年は景気良く行きたいところでしたが、そう甘くはなく厳しいハゼ釣りとなりました。
2017年2回めのハゼ穴釣りはリベンジ決戦
早くも2017年のハゼ釣りも2回目となった。昨日はボーズをくらったので本日はリベンジ。はたしてハゼ釣りのリベンジは叶ったのか・・・
2017年序盤シーズン ラストのハゼの穴釣り
2017年序盤シーズンのハゼ穴釣りもいよいよラストです。昨年暮れ頃からしつこくハゼを求めて穴釣りに勤しんできましたが、とりあえず今回でハゼ穴釣りも終了です。
2017年夏シーズン最初のハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯)
2017年のハゼ釣りもいよいよ夏シーズン開幕でございます。不安半分だったのですが、思いのほか良い釣果だったので、今年も楽しめそうです!
2017年夏シーズン2回めのハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯)
2017年夏シーズン2回目のハゼ釣りです。今年はまだ気温が上がってないので、水温もイマイチ冷たい。だもんでハゼが小粒です。
2017年夏シーズン3回めのハゼ釣りは決め打ち釣り(はぜつき磯)
2017年夏シーズン3回めのハゼ釣りはいつものダラダラ釣りではなく、目標を定めてハゼ釣りをしました。その”目標”とは・・・
2017年夏シーズン4回めのハゼ釣りは久しぶりの【夕やけなぎさ】
2017年4回めは平日釣行の【夕やけなぎさ】。久しぶりにこちらへ来ましたが、数は稼げますわな〜
2017年5回めのハゼ釣りのエサは「イタヤ貝」
2017年5回めのハゼ釣りはエサを変えてみました。ホタテ高騰のため代替エサでしたが・・・
2017年6回めのハゼ釣りは結果よりも楽しくがテーマ
2017年もハゼ釣行の回数が順調に伸びていますが、たまにはノンビリダラダラと釣りを楽しもうと思います。
2017年7回めのハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯)
2017年7回めは2日連続のハゼ釣り釣行。せっかくの連休ですが、どこに行くアテもないもんで・・・
2017年8回目のハゼ釣りは2匹目のドジョウを狙って
2017年8回目のハゼ釣りはある美味しい情報を入手したので早速やってみましたが・・・
2017年9回目のハゼ釣りは何ともパッとしない様子
2017年9回目のハゼ釣りは強風の中の厳しい釣りになりました。まぁ、ハゼ釣りに限らず、風が吹くと釣りはやりづらいですよね〜
2017年10回めのハゼ釣りはタイムアタック1束超え
2017年のハゼ釣りもついに二桁の大台にのってしまいました。それを記念して頑張ってハゼ釣りしてみました。
2017年11回めのハゼ釣りは市販仕掛けのインプレッション
2017年11回めのハゼ釣りは市販仕掛けを使ってみました。まぁ、期待はしていなかったけれど・・・
2017年12回めのハゼ釣りはダラダラと・・・
2017年12回めのハゼ釣りはダラケきった釣りとなりました。まぁ、たまには何も考えないでハゼ釣りするのもいいな!
2017年13回めハゼ釣りはストレスが溜まった
2017年13回めのハゼ釣りに行ってきました。別にハゼ釣り人が多かった訳じゃないけど、動けなかった・・・
2017年14回めのハゼ釣りは行ったことのない現場にて
2017年14回めのハゼ釣りは気になっていたけど一度もハゼ釣りをしたことのないポイントへ行きました。んがしかし・・・
2017年15回めのハゼ釣りは気分が悪くなった・・・
2017年の15回めのハゼ釣りです。ある事件により気分が悪いハゼ釣行となりました。
2017年16回めのハゼ釣りは激渋だけど、これからが本番
2017年16回めのハゼ釣りは今季一番の厳しいハゼ釣り。激渋だけどこれからが本当の釣りを味わえる時期です。
2017年17回めのハゼ釣りは江戸川でのボート釣り
2017年17回めのハゼ釣りは江戸川遠征になりました。手漕ぎボートを借りてのハゼ釣りで爆釣を期待したのですが・・・
2017年18回めのハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯)
2017年18回目のハゼ釣りに行ってきました。いつもの大井ふ頭中央海浜公園のはぜつき磯ですが、当たりハズレが多く、この時期らしいハゼ釣りとなりました。
2017年19回目はプチハゼ釣り(森ヶ崎公園裏)
2017年19回目のハゼ釣りは森ヶ崎公園裏のマイナーなハゼ釣り場。期待はしてなかったのですが、そこそこサイズも釣れて面白かったかな?
2017年20回めのハゼ釣りは二部構成
2017年のハゼ釣りもとうとう20回めになってしまいました。平日釣行なのでノンビリとハゼ釣りをしてみました。
2017年21回めのハゼ釣りは穴釣り場「秘密の花園」への偵察
2017年の21回めのハゼ釣りは「秘密の花園」に偵察に行ってきました。そろそろハゼの穴釣りを視野に入れてるんですが、う〜ん・・・
2017年22回めのハゼ釣りはそろそろお悩みどころ・・・
2017年のハゼ釣りもそろそろ場所移動の頃合いです。でもハゼの穴釣りにもまだ早いので場所の選択が悩みどころ・・・
2017年23回めのハゼ釣りはある実験
2017年のハゼ釣りは”ある実験”をしてみました。その何も「メタルリリアン(案)」です。もう大井ふ頭中央海浜公園でのハゼ釣りも終わりだというのに実験というのも何ですが・・・
2017年24回めのハゼ釣り「秘密の花園はまだ早いぞ!の巻
2017年24回めのハゼ釣りは穴釣り場「秘密の花園」に行ってきました。んが!ハゼの穴釣りにはまだ早いな・・・
2017年25回めのハゼ釣り(森ヶ崎公園裏)
2017年25回めのハゼ釣りはハゼの穴釣り場だけど、まだ穴釣りは釣れないので長竿で・・・
2017年26回めのハゼ釣りは八つ当たりダ〜!
2017年26回めのハゼ釣りは、先日の連休で全然釣れなかった八つ当たりに行ってきました。予想以上にハゼが釣れて目的達成です。
2017年27回めのハゼ釣りは台風が来る前に・・・
2017年の27回めのハゼ釣りに行ってきました。先週は雨で出撃できなかったので、今週こそは!と思っていたら台風来襲!!しかし・・・
2017年28回めのハゼ釣りは不思議な穴を発見!
2017年28回めのハゼ釣りに行ってきました。大井ふ頭中央海浜公園-しおじ磯でのハゼ釣行でしたが、ハゼが湧く穴を見つけました。
2017年29回めのハゼ釣りはプチ穴釣り
2017年29回めのハゼ釣りは、回数に入れて良いものかと迷いました。短時間のプチ穴釣りでしたが、ハゼはもう穴に入っているようですね。
2017年30回めのハゼ釣りは本格的な穴釣りシーズン到来
2017年の30回めのハゼ釣りは穴釣りです。いよいよ本格的なハゼの穴釣りシーズンがやってきました。釣果は本格的ではないですが・・・
2017年31回めのハゼ釣りは「センスないかも・・・」
2017年31回めのハゼ釣りは森ヶ崎公園裏での穴釣りだったのですが、いつものように玉砕・・・オッサンセンスないかもと気づき始めました。
2017年32回めのハゼ釣りはGoodjob!
2017年32回めのハゼ釣りは秘密の花園での穴釣りです。期待薄で行ったんだけど結構良かったで〜!
2017年33回めのハゼ釣りは釣り場ミスから始まった
2017年33回めのハゼ釣りに行ってきました。当初の予定を変更せざるを得なかったので、余計な時間を使ってしまいました。
2017年34回めのハゼ釣りはプチ穴釣り その2
2017年34回めハゼ釣りは1時間限定でのプチ穴釣りでした。雨天後の釣行でしたが、穴が見えない・・・
2017年35回めのハゼ釣りin「秘密の花園」
2017年35回めも「秘密の花園」にハゼの穴釣りに行ってきました。そろそろ一つ穴から複数のハゼがあがってくるようになりました。
2017年37回めのハゼ釣り【事件は迷宮入りの巻】
2017年37回めのハゼ釣りに行ってきました。いつもの穴釣りですが、先日の釣行時に起こった”事件”について穴師匠に伺ってみたところ・・・